https://sheepdog.co.jp/wp-content/uploads/2023/09/2022_07_08_10_51_mouseflow.jpg
これは Web計測・解析 の製品です。
Mouseflowの資料をダウンロード

Mouseflowとは?

『Mouseflow(マウスフロー)』は、デンマークに本拠地を置くIT企業が2010年にサービス提供をスタートし、現在ではヨーロッパやアメリカ・カナダ・オーストラリア・アジア・アフリカなど世界中で10万社を超える導入実績があります。
日本では、株式会社APOLLO11が公式販売代理店としてサービス提供をスタートし、高機能な分析ツールを低価格で利用できることから多くの企業で導入されています。

Mouseflowを利用することで、サイトに訪れたユーザーの活動を録画でき、クリックやスクロール、フォーム上での動きの確認が可能です。

Mouseflowの特徴

特徴①セグメント・マウストラッキング機能が付いている

Mouseflowのフィルタリングを活用することにより、ユーザーのセグメントを分けることが可能です。
例えば、ユーザーが訪問した、または訪問しなかったページを基に、セグメント化するなどの分析ができます。
セグメントごとで、ユーザーの行動がどのように変化しているかを把握するのに役立たせられます。

マウストラッキング機能においては、クリックやスクロールなどのWebページ上におけるユーザー動作を実際に確認することが可能です。
実際にどのような操作を経由して、ページを離脱しているか見ることができ、狙っているコンテンツに遷移できているかといったことを把握できます。

特徴②フォーム分析・ファネル機能が付いている

フォーム分析機能によって、ユーザーがどのようにフォームを使っているのか把握できます。
測定できる項目は、各フォームでの離脱数や未入力数、エラー数などです。
必要ない項目や、ユーザーが入力をためらってしまう項目などを理解できれば、離脱率やフォーム項目の改善に繋げられます。

ファネル機能では、サイトページ間での遷移率を記録することにより、ユーザーがコンバージョンに至るまでに、どのような経路を辿ってきたかが把握できます。
コンバージョンまで至らなかったユーザーの、ヒートマップやセッションリプレイが確認できるため、ユーザーがどのページでなぜ離脱してしまったのかを分析することも可能です。

特徴③ヒートマップ機能が付いている

ヒートマップ機能により、ページ内でのユーザーの動きを色で可視化することが可能です。
具体的には、スクロール・クリック・アテンションといった行動に対し可視化することができます。

この機能を活用することにより、ユーザーがどのようなコンテンツに興味や関心を持っているかの分析が可能です。
また、ユーザーのページ滞在理由の分析などにも役立てられます。
ちなみに、Mouseflowのヒートマップ機能には、ジオヒートマップという機能もついています。
これは、どの地域からアクセスが集中しているかが分析できる機能であり、地図上にアクセスの多い地域ほど色が濃く表示される機能です。
[table “web_analysis” not found /]

Mouseflowの資料をダウンロード

Mouseflowの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

・日本語サポートつきプラン
スターターパック:¥11,000/月
グロースパック:¥29,000/月
ビジネスパック:¥58,000/月
プロパック:¥112,000/月
エンタープライズ:要問い合わせ
・ツールのみプラン
スターターパック:¥7,000/月
グロースパック:¥22,000/月
ビジネスパック:¥43,000/月
プロプラン:¥82,000/月
エンタープライズ:要問い合わせ

14日間無料トライアルあり

Mouseflowの評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

以下のような口コミがありました。

Mouseflowの良い評判・口コミ

・他の無償のツールでは見かけない録画機能が非常に便利です。
・ユーザーの行動によって、色で分けられているため、すごく見やすく、分析にも助かります。
・ユーザーの行動録画機能があり、ユーザーによって色分けされていて分析しやすい。

Mouseflowのその他の評判・口コミ

・時々、ログインするまでにエラーが発生することがある。
・ヒートマップは途中で色が消えたりしますので、ユーザーがどこまで見たのか、下へ行くほどわかりづらくなります。
・ヘルプが英語表示で、日本語にも対応していない。

Mouseflowを導入した結果に関する評判・口コミ

・ユーザーの動線分析ができ、UI/UXやコンテンツの対策に役立ちました。
・サイト内改善です。ユーザーの行動分析が出来る為、CTAの効率的な場所を把握し、改善できました。
・ユーザーの動きを把握でき、分析を行うことで広告の位置を最適なところに設置することができ、サイトの課題が明確になりました。

Mouseflowの資料をダウンロード
Mouseflowの資料をダウンロード

その他の関連する記事