https://sheepdog.co.jp/wp-content/uploads/2023/09/2023_02_08_14_07_sitest.png
これは Web計測・解析 の製品です。
SiTestの資料をダウンロード

SiTestとは?

SiTestとは、株式会社グラッドキューブが運営しているWebサイトの解析と改善が可能なLPOツールです。
ヒートマップによるWebサイト解析によって、サイトの課題を発見、A/Bテスト機能などの課題改善に役立つ豊富な機能を搭載しています。

日本国内・アジアでの導入数は、700,000サイトを突破しており、わかりやすいUIとサポートが充実しているため、初めてLPOツールを導入するという方にもおすすめです。
SiTestのヒートマップ機能では、PCユーザー・スマートフォンユーザーの滞在時間を可視化することができ、各ページの到達数や離脱率、平均滞在時間をグラフとして表示することもできるため、自社サイトのどこに問題があるのかが一目でわかります。

SiTestの特徴

特徴①AIリターゲティング機能

「SiTest」の1つ目の特徴は、業界初の広告連携機能「AIリターゲティング機能」を備えていることです。
この機能により、サイトに訪れた中でもさらにエンゲージメントが高い動きをしたユーザーだけにセグメントして、リターゲティングすることが可能です。

精査されたリターゲティングリストを作ることで、リターゲティング広告の精度を高める=CPAを低減させることに繋がります。

特徴②簡単操作でLPOを高速で実現

次に紹介する「SiTest」の特徴は、簡単な操作でLPO(ランディングページ最適化)を高速で実現できることです。
「HTMLを用意する」「デザインとコーディングを外注する」などの面倒な準備や追加費用は不要です。元データに触ることなく、ウェブサイトの見た目を変えられるので、初心者の方も安心して利用できます。

また、新規訪問者のみや、平日のみを対象にテストを行いたい場合でも、「SiTest」なら簡単に設定できます。
充実した機能でA/Bテストを最大限に活用でき、即座に効果的なランディングページの設定が可能です。

特徴③ヒートマップ機能でページ内行動を計測

「SiTest」では、訪問してきたユーザーがどのようにページの中を見ているのか?何が原因で離脱しているのか?をヒートマップ機能で分析することが出来ます。
クリエイティブ施策を実施した結果の「良かった」「悪かった」を数値で裏付けることができ、次回施策への正しいアプローチも導き出すことが出来ます。

SiTestのスクロールヒートマップでは、訪問したユーザーのページスクロール率をヒートマップで表現する機能になります。
ユーザーの滞在時間によって色合いが変わる(滞在時間が長いほど赤く、短いほど青く表示される) ため、直感的にサイトの状況を把握することが可能です。

また、ページごとの滞在者の増減をグラフで確認できるため、「よく離脱されている箇所」の発見につなげることができます。
[table “web_analysis” not found /]

SiTestの資料をダウンロード

SiTestの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

無料トライアルあり

SiTestの評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

以下のような口コミがありました。

SiTestの良い評判・口コミ

・ほぼコードを書く必要がないため、使い勝手がいい。
・ユーザーの閲覧状況を動画で確認する機能もあり、直感的にLPの良し悪しが判断できる。
・サイト訪問者の地域セッション数もSiTest管理画面で把握することができる。

SiTestのその他の評判・口コミ

・いろいろ分析できるのはいいが、とにかく設定が面倒くさい。
・同じLPだが、URLが複数ある場合、管理画面上でデータが統合できない。
・プランによっては3か月前のデータまでしか見られない。

SiTestを導入した結果に関する評判・口コミ

・サイト全体のCRO施策を行う中で、改善施策への落とし込みもスムーズにできました。
・これまで感覚で行っていたLPの改善がきちんとした計測によるエビデンスがある形で行えるようになりました。
・離脱者特有の行動・動きが見えてきて、サイトの使いづらさやどの情報が足りていないかの課題に気づけました。

その他の関連する記事