これは 名刺管理 の製品です。
名刺管理の資料をダウンロード

CAMCARDとは?

CAMCARDは全世界で1.1億人のビジネスパーソンが利用する名刺管理システムです。

名刺管理はどうしても個人任せになってしまい、会社内で情報が共有されないことがよくあります。CAMCARDは会社の重要な資産である名刺をクラウド上で管理・共有できます。

クラウド上に保存したデータを使い、顧客との接点を増やす・営業戦略を立案するなどの展開ができます。CAMCARDはビジネスパーソンの営業活動を支援するサービスです。

おすすめの類似名刺管理ツール

LINE公式アカウント運用の自動化を実現: ネクスタ・メイシ

(4.5)

月額費用 660円(税込)〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

ネクスタ・メイシは、業界標準価格の1/3から1/5程度の1ユーザーあたり月額660円(税込)で利用が可能です。 シンプルでわかりやすい画面設計と複雑過ぎない機能が特長で、費用の面でも、操作性の面でもユーザーにやさしい法人企業向け名刺管理アプリケーションとして評価をされています。

名刺管理が効率化される

ネクスタ・メイシを利用することで、名刺管理が効率化します。 名刺をデータ化し、セキュリティの高いクラウド上で管理することで、名刺が資産として企業内に蓄積され、企業のコンプライアンス強化にも繋がります。

営業支援にも最適

ネクスタ・メイシは、営業支援ツールとしても強みを発揮します。 コンタクト管理・案件機能により、名刺情報に紐付けコンタクト(お客様との接触)履歴を残し、案件単位で管理することができます。

外出先で名刺情報の閲覧・登録が可能

専用のモバイルアプリもあるため、移動中や外出先からも名刺情報の閲覧や登録を簡単に行うことができます。 また、見込み客獲得のために行なった展示会・セミナー・イベント会場で、来場者からいただいた名刺をその場で登録してしまえば、終了後数分でお礼メールを一斉送信することも可能です。

名刺をデータ化して顧客データベースを自動で作成: ホットプロファイル

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試しあり
初期費用 0円 最短導入期間 5営業日程度

ホットプロファイルとは、株式会社ハンモックが運営している名刺管理ソフトです。 紙の名刺をデータ化して顧客データベースを自動で作成でき、人脈の可視化、情報共有の効率化を実現します。

           

営業の質を高めることができる

ホットプロファイルでは、取り込んだ名刺データを顧客データベースとして自動生成し、顧客名、企業名、地域名などでの絞り込み検索や、CSV形式でのデータの抽出ができます。 データ取り込み時に、業種や上場区分といった、企業の属性情報を自動で付与してくれるため、自社で情報を入力する手間が効率化されます。

使いやすく、コスト削減にもつながる

営業プロセス全てを効率化するためには、SFAやMA、CRMなど複数の営業支援ツールを組み合わせて導入するのが一般的で、当然ながら導入するツールが増えるほどに、初期費用やランニングコストが高額となります。 ホットプロファイルは、「新規開拓」、「名刺管理」、「営業支援」が1つのツールに集約されているため、複数ツールを導入するコストを削減することができます。

商談機会の最大化を実現

ホットプロファイルは、顧客の興味関心を可視化することができるため、最適なタイミングでのアプローチを実現し、商談機会の最大化につなげます。 中長期化する顧客へのアプローチの中で、最もホットなタイミングを自動で通知してくれるため、顧客の購買意欲が高まったタイミングでの施策が可能となります。

 
これは名刺管理の製品です。

名刺管理の製品をまとめて資料請求

CAMCARDの特徴

CAMCARDの特徴について下記3点紹介します。

17ヶ国語の言語の読み取りに対応

CAMCARDは17ヶ国語の言語の読み取りに対応しています。

ビジネスの現場では海外法人と取引をおこなう機会があり、海外の方との名刺交換もおこなわれます。海外の方の名刺には日本語以外の言語が書かれていることも多く、複数ヶ国の言語を読み取れる機能が活躍します。読み取り対応している言語は英語・中国語・韓国語・フランス語などの主要な言語です。

CAMCARDを活用し、効率よく名刺情報を読み取りましょう。

簡易SFA機能が利用できる

法人向けのCAMCARD BUSINESSでは簡易SFA機能が利用できます。

SFAとは営業活動を効率化・支援するシステムであり、営業活動の管理に役立ちます。CAMCARD BUSINESSでは、読み取り済みの名刺にメモを記入するように情報を追加できます。追加できる情報は、商談の種類や商談内容・位置情報・日付の4項目です。

CAMCARD BUSINESSは名刺の読み取りだけではなく、簡易SFAとしても有効なツールです。

メールマガジン機能がある

法人向けサービスのCAMCARD BUSINESSには、メールマガジン機能が搭載されています。

CAMCARDの名刺読み取り機能を活用し読み取った名刺データをもとに、一斉にメール配信をおこなえます。メールマガジン機能を利用することで、展示会への来場者のフォローや定期的なメールマガジンを送信できます。

メールマガジン機能で顧客との継続的な接点を持ち、ビジネスに繋げましょう。

[table “meishikanri” not found /]
 
これは 名刺管理の製品です。
名刺管理の資料をダウンロード

CAMCARDの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

STANDARD:1,700円/ID/月
PROFESSIONAL:2,500円/ID/月

CAMCARDの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

CAMCARDの良い評判・口コミ

・名刺をスマートフォンで撮影するだけで、データ化できる。
・紙の名刺とは異なり、名刺データを簡単に検索できる。
・サイトデザインがよく、スムーズに操作ができる。

CAMCARDのその他の評判・口コミ

・名刺データの自動読み取り機能の精度が悪い。
・読み取りの精度が悪く、文字を誤認識してしまうことがある。
・アプリが重く、使用中にアプリが停止してしまうことがある。

CAMCARDを導入した結果に関する評判・口コミ

・名刺のデータ化により、名刺を探す時間が短縮できるようになった。
・社内で名刺データを共有する体制が構築できた。
・メールアドレスやホームページのアドレスも読み取りできるため、文字を手打ちする必要がなくなった。

  • 満足度

    アプリ・ブラウザ問わず直感的に操作ができる

    良い点

    名刺の階層・上司管理ができる。アプリ、ブラウザなど場所に関わらず操作できるのも魅力的。直感的に操作しやすいのも良い点。

    改善点

    ログを取得しているといっているものの、最終ログイン日時しか確認できず操作や作業履歴は確認できない。また開発元は海外となっており、サポート回答に時間が必要。

    導入して改善できた課題や効果

    社内での名刺共有が即時かつスムーズに行えるようになった。紙の名刺を破棄できるようになった。名刺情報を正しく管理できるようにもなり、複数のメリットを得られた。

  • 満足度

    最低限の性能を備えている

    良い点

    今までは紙媒体でしか管理していなかった名刺をデジタルサーバーで一括管理できるようになった。さらに検索機能もかけられるようになった。

    改善点

    文字認識がうまく行かないことが多い気がする。さらに海外製の名刺の認識ができなかったこともある。

    導入して改善できた課題や効果

    もともとそこまで名刺の枚数は多くなかったため、現状このサービスに不満はない。しかし在宅勤務中に会社に置いていた名刺の連絡先確認ができた。

  • 満足度

    シンプルで使いやすい製品

    良い点

    Web画面がシンプルな作りで使いやすい製品。表示速度も遅くなく、画像鮮明度はそこまで高くないものの気にならない。名刺情報を一覧で確認・検索できるのも良い点。

    改善点

    スマホアプリで読み込む際に文字化けのような感じで読み込めないことが合った。この精度を高めてほしい。

    導入して改善できた課題や効果

    絵蓄積された名刺データからすぐに表示されて非常に便利。必要最低限の機能しかないものの、業務を効率化できたとは思う。

  • 満足度

    導入費用がかからない

    良い点

    導入費用がかからず、検索・グループ分け・名寄せなどの基本的な機能を備えている。細かい設定はできないもののメール配信もでき、一斉メールも手間が省ける。

    改善点

    文字認識精度があまり高くないため、そこを改善してほしい。構成にも一定の期間が必要となるため、完了した際に通知してくれる機能があると使いやすくなると思う。

    導入して改善できた課題や効果

    業務効率化につながっている。具体的には社内での電話帳登録業務や出先から名刺情報を直ぐに確認できることで、役職や他出席者を意識した上で会話ができる。

 
これは 名刺管理の製品です。
名刺管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事