これは WAF・サイバー攻撃対策 の製品です。
WAF・サイバー攻撃対策の資料をダウンロード

標的型メール訓練サービスとは?

フィッシング詐欺のような、メールにURLが記載してあり、それを踏ませることで詐欺の被害者になってしまうようなことが増えています。このような詐欺に引っかからないよう、「標的型メール訓練サービス」の導入が進んでいます。標的型メール訓練サービスとは、標的型攻撃と同じような訓練メールを導入企業の従業員に送信し、攻撃型メールへの対応をどうしたらいいのかを身をもって体験できるサービスです。活用することで、自分の力で詐欺に対抗できるようになります。

おすすめの類似WAF・サイバー攻撃対策システム

Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

(4.5)

月額料金 28,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要問い合わせ 導入実績 6,550サイト以上

あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

簡単に導入できる

Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

常時SSLを実現

Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

DDoS対策も可能

過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

(4.5)

月額費用 45,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

登録ドメイン数が無制限

WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

改ざん検知も可能

攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

類似サービス: Securify Scan

(4.5)

                   
月額費用 要お問合せ 無料お試し 2週間
初期費用 要お問合せ最低導入期間要問い合わせ

Securify Scanとは、株式会社スリーシェイクが運営している脆弱性診断ツールです。 外部セキュリティベンダーでは難しかったスピーディーかつ手軽な脆弱性診断を実現し、セキュリティレベルを可視化、DevSecOpsへの取り組みを支援します。

   

最短3ステップで診断開始

Securify Scanの脆弱性診断は、簡単かつ短いステップで実現できます。 まずはプロジェクト名と内容を入力してプロジェクトを作成、診断対象のドメインまたはサブドメインを入力、最後に診断対象のURLを登録するだけで脆弱性の診断を始めることが可能です。

シンプルで使いやすいインターフェース

Securify Scanは、シンプルで直感的に操作ができるユーザーインターフェースで設計されています。 現在の診断状況や危険度は、ダッシュボードから一目で確認することができ、セキュリティに関する専門的な知識がない場合でも、脆弱性診断を実施、管理することができます。

わかりやすい診断結果で改善をサポート

Securify Scanの診断結果画面では、発見された脆弱性の危険度をスコアによって可視化することができ、その脆弱性によって起こりうる問題や修正方法の例を日本語で丁寧に解説してくれます。 脆弱性と判断した根拠となるリクエストや概要解説、修正方法の提案など、トリアージに必要な情報を提示してもらえるため、自社で修正が必要な情報を調査する手間が発生しません。

この製品はWAFの製品です。

WAFの製品をまとめて資料請求

標的型メール訓練サービスの特徴

特徴① まるで本物のような訓練メール

標的型メール訓練サービスの技術者は詐欺メールを知り尽くしたプロたちです。そんな技術者たちがサイバー攻撃者のフリをして、不審なメールを送信します。もし不審なメールであるということに気が付かず、添付ファイルをクリックしてしまったり、メールのURLにアクセスしてしまうと、訓練であることが書いてある啓発ページに繋がるようになっています。その結果はレポートとしてまとめられるため、その時点で1人1人にどれくらい知識があるのかどうかがわかります。

特徴② 安心して訓練ができる環境づくり

企業によっては、訓練だとわかっていても不安に感じてしまうこともあります。標的型メール訓練サービスには、安心して訓練を受けられるよう、環境を整えられる機能があります。訓練メールの設定をしたり、種明かしメールをどうするか、アンケートの実施の有無などを、企業の状況に応じて細かく設定できます。企業それぞれに合った訓練を行い、詐欺メールへの対策を行えるのです。

特徴③ まずは無料で意識調査

訓練を行うかどうかを悩んでいる場合は、無料で従業員の現状の意識調査を行うことができます。テンプレートから訓練メールを選択するだけで事前の準備は完了です。その結果は、訓練メール内にあるURLをクリックした割合のみを表示します。このサービスは1社で1回のみ行うことができ、対象となる従業員が100名以内と限定されています。気軽に詐欺メールに関する意識調査を行うことが可能です。

[table “waf” not found /]
 
これは WAF・サイバー攻撃対策の製品です。
WAF・サイバー攻撃対策の資料をダウンロード

標的型メール訓練サービスの料金・価格

初期費用

0円~

月額費用

0円~

・訓練委託:900,000円~(500名対象・訓練メール2回配信)
・訓練環境提供:50,000円~(100通配信)
・簡易無償サービス:0円(一社1回100通まで)

標的型メール訓練サービスの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

標的型メール訓練サービスの良い評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

標的型メール訓練サービスのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

標的型メール訓練サービスを導入した結果に関する評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

 
これは WAF・サイバー攻撃対策の製品です。
WAF・サイバー攻撃対策の資料をダウンロード

その他の関連する記事