これは 建設業界DX の製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

現場クラウド Oneとは?

現場クラウド Oneは株式会社現場サポートが提供する受発注者間工事情報共有システムです。

必要な書類や写真、スケジュールを簡単に共有でき、やりとりを文章で残しておけるため、情報共有がしやすくなり伝達ミスのリスクを減らすことができます。

おすすめの類似建設業界DXツール

類似サービス: ショルイラ

(4.5)

                   
月額費用 要問い合わせ 無料お試しあり
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 要問い合わせ

ショルイラとは、株式会社センシンロボティクスが運営している電子チェックシートサービスです。 紙での情報管理にありがちな、「記録漏れや紛失」、「エクセルへの転記作業における手間」、「現場に行かないと状況が確認できない」といった課題を解消し、幅広いシーンで業務効率化を実現することができます。

       

簡単操作で帳票を電子化

ショルイラは、専門的な知識は不要で、今まで使っていた帳票から、誰でも簡単に電子チェックシートを作成することができます。 ITツールに不慣れな方でもカスタマイズが容易にできるので、情報システム部門などに都度依頼する必要がありません。どなたでもテンプレートのブラッシュアップが可能な点が魅力です。

アラートでミスを防止

スマートフォンやタブレットで現地で入力、送信ができるので、異常な数値が登録された場合にはその場でアラート表示を出すことが可能です。 アラートが表示されることで、現場の記録者はその場で誤入力や数値の異常を察知でき、トラブルに対する対応も迅速になります。

オンライン承認で捺印を省略

承認者はチェック担当者から送信された記録をPC上で確認、承認できるので、書面での捺印リレーを省略することが可能です。

これは建設業界DXの製品です。

不動産業界DXの製品をまとめて資料請求

現場クラウド Oneの特徴

現場クラウド Oneには以下のような特徴があります。

  • NETISに登録
  • 工事Rev.5.5、業務Rev.1.5に対応
  • 保守サービス

NETISに登録

「現場クラウド One 現場支援機能サービス」は、国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」(ネティス)に登録されています。

NETISとは新技術の活用促進のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、国土交通省が運用しているデータベースシステムです。

工事Rev.5.5、業務Rev.1.5に対応

現場クラウド Oneは、国土交通省 工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.5.5)と、国土交通省 業務履行中における受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.1.5)に対応しています。

保守サービス

受発注者間、企業間で双方の運用が正しく行われるために「操作指導サービス」、「障害切り分けサービス」、「各種要領・基準・ガイドラインの解説」、「情報提供」など、保守サービスを設けています。

 
これは 建設業界DXの製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

現場クラウド Oneの料金・価格

初期費用

0円

月額費用

9,800円(税別)
遠隔臨場機能オプション:10,000円(税別)
3次元データ等共有機能オプション:10,000円(税別)

現場クラウド Oneの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

現場クラウド Oneの良い評判・口コミ

・他社のWEB会議システムでは画面が小さく見にくいことがありましたが、「現場クラウドOne」の遠隔臨場機能モバイルアプリで配信された画面は大きくて見やすく、シンプルな構成で操作性も良いと思います。
・通常はパソコンにアプリを入れないといけないとか、「今日の遠隔臨場はどのアプリだ?」なんてことがあるんでしょうけど、そういったアプリを入れずに現場クラウドOneを開けば即実施できるというのは、素晴らしい点だと思います。

現場クラウド Oneのその他の評判・口コミ

見つかりませんでした

現場クラウド Oneを導入した結果に関する評判・口コミ

・情報共有システムを導入することによって、些細な事でも即座に、そして簡単に共有が出来るので、時間・場所を選ばずコミュニケーションが取れました。
・メール通知が来て、書類の内容が把握できるのに驚きました。現場で相談をして、内容通りに現場ができているかの確認が情報共有システムでできるようになりました。現場の進捗が進んでいることが把握できます。

 
これは 建設業界DXの製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

その他の関連する記事