これは 建設業界DX の製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

eYACHOとは?

eYACHOは株式会社MetaMoJiが提供する、紙の野帳をデジタル化した施工管理業務支援アプリです。

図面も資料もペーパーレスで一つに集約し、離れた場所でもリアルタイムに情報共有が可能です。そのため事務所に戻る事なく現場で報告書や資料が完結し、施工管理の効率の向上や時間の削減に繋がります。

おすすめの類似建設業界DXツール

類似サービス: ショルイラ

(4.5)

                   
月額費用 要問い合わせ 無料お試しあり
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 要問い合わせ

ショルイラとは、株式会社センシンロボティクスが運営している電子チェックシートサービスです。 紙での情報管理にありがちな、「記録漏れや紛失」、「エクセルへの転記作業における手間」、「現場に行かないと状況が確認できない」といった課題を解消し、幅広いシーンで業務効率化を実現することができます。

       

簡単操作で帳票を電子化

ショルイラは、専門的な知識は不要で、今まで使っていた帳票から、誰でも簡単に電子チェックシートを作成することができます。 ITツールに不慣れな方でもカスタマイズが容易にできるので、情報システム部門などに都度依頼する必要がありません。どなたでもテンプレートのブラッシュアップが可能な点が魅力です。

アラートでミスを防止

スマートフォンやタブレットで現地で入力、送信ができるので、異常な数値が登録された場合にはその場でアラート表示を出すことが可能です。 アラートが表示されることで、現場の記録者はその場で誤入力や数値の異常を察知でき、トラブルに対する対応も迅速になります。

オンライン承認で捺印を省略

承認者はチェック担当者から送信された記録をPC上で確認、承認できるので、書面での捺印リレーを省略することが可能です。

これは建設業界DXの製品です。

不動産業界DXの製品をまとめて資料請求

eYACHOの特徴

eYACHOには以下のような特徴があります。

  • 現場で完結
  • 図面も資料もペーパーレスに
  • リアルタイムな情報共有

現場で完結

eYACHOは帳票の作成にかかる、紙への印刷や事務所に戻っての再作成などの作業が必要なく、現場でそのまま帳票の作成ができるため、手間と時間を大きく削減できます。

図面も資料もペーパーレスに

タブレットからeYACHOを使用することで、安全衛生日誌などの書類もペーパーレスで現場で入力することができます。また工事写真も撮影することができるため、黒板の持ち運びが不要になりタブレット一つで様々な作業が可能です。

リアルタイムな情報共有

eYACHOは図面や設計図に複数人が同時に書き込んで情報を共有することができる「Share(シェア)」機能を搭載しています。そのため、より詳細な情報のやり取りをすることができ、伝達ミスを防ぐことにも繋がります。

 
これは 建設業界DXの製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

eYACHOの料金・価格

初期費用

330,000円(税込)

月額費用

30,800円/年(税込)

30日間無料体験版あり

eYACHOの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

eYACHOの良い評判・口コミ

・写真と文字が1枚の紙になり、そして場所もリンクしているところが非常に有効
・作業に関連して搬入車両、ガードマン、業者の出入りや、クレーンやエレベーターの使用時間なども同時にまとめることができ、大変便利になった

eYACHOのその他の評判・口コミ

・多機能すぎて最初は「逆に何が出来るか分からない」、という利用者がいました。
・蔵衛門のような写真整理機能もあると尚良いと思います。

eYACHOを導入した結果に関する評判・口コミ

・ワンペーパーで指摘事項の説明ができるようになった。写真と場所、説明が1箇所に集まることで、説明が非常にスムーズにできるようになった
・朝礼と昼の打ち合わせ、安全パトロールにおいて、eYACHOを非常に便利に使っている。現場全体の管理の効率は(eYACHO導入前に比べて)3割は上がっていると思う

 
これは 建設業界DXの製品です。
建設業界DXの資料をダウンロード

その他の関連する記事