https://sheepdog.co.jp/wp-content/uploads/2023/12/2023_09_22_15_37_freee_kaikei.png

freee会計とは?

どの企業にも必ずある業務の1つが会計業務です。大切なお金の流れの記録を行うのはもちろん、企業の収入に関わる重要な仕事です。スムーズな会計業務を行うために、会計ソフトを導入している企業も多いですが、中でも人気を集めているのがfreee会計です。freee会計はクラウド型の会計ソフトで、会計に関する知識がなくても使いやすいと評判です。仕訳など、サポート機能が充実しているので、経理・会計にかかっている時間を軽減し、より正確な会計を実現します。

freee会計の特徴

特徴① クレカや口座の明細を取得し、自動で仕訳

freee会計の機能の1つに、クレジットカードや銀行口座の明細情報を自動で取得し、仕訳を行うものがあります。しかもただ仕訳をするだけではなく、この機能を使うたびに学習していくため、より正確な仕訳ができるようになっていきます。この機能は特許を取得していることもあり、freee会計でないと使うことができない機能です。最初は時間がかかっても、使っていくとより早く業務をこなすことができるのです。

特徴② 請求書データと口座明細をマッチさせて自動で消込ができる

売掛金と買掛金の金額を合わせて消していく作業を消込と言います。金額を確実に合わせなくてはならないため、場合によってはかなりの時間がかかってしまうことがあります。freee会計なら、請求書データを入力することにより、売掛金・買掛金を自動で仕訳します。そして入出金があった口座明細情報を取り込むことで、請求書から登録した仕訳と合わせて自動で消込をします。消込はほとんどが手作業ですが、自動化することでスムーズに行えるようになります。

特徴③ データを取り込み、様々なレポートを自動で作成

freee会計でできることは帳簿作成の効率化だけではありません。様々なデータを取り込むことで、売上・費用・資金繰りなどのレポートを自動で作成します。複数の店舗や事業所がある場合、そこで記録されたデータもリアルタイムで同期されるので、各店舗・事業所ごとの数字を確認し、比較することもできます。材料を増やしてより確実な経営判断をサポートするツールでもあります。
[table “kaikei” not found /]

freee会計の資料をダウンロード

freee会計の料金・価格

初期費用

無料

月額費用

スターター:1,480円 / 月(年払いは980円 / 月)
ミニマム:2,680円/月(年払いは1,980円 / 月)
ベーシック:5,280 / 月(年払いは3,980円円/月)
プロフェッショナル:47,760円 / 月(年払いは39,800円/月)
エンタープライズ:要問い合わせ

30日間無料トライアルあり
表示価格はすべて税抜きです

freee会計の評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

以下のような口コミがありました。

freee会計の良い評判・口コミ

・月次決算ができるため、経費のコントロールにかなり役立つ
・社内全員で把握が可能で、問題点などの指摘もコメントで行うことができる
・どこに何があるかをすぐに判断でき、会計の知識があれば操作性もよい

freee会計のその他の評判・口コミ

・仕訳のイメージができている場合、やりづらかった
・一部の銀行とは同期ができないため、地方では困る
・予測登録がたまにミスすることがある

freee会計を導入した結果に関する評判・口コミ

・クラウド型のシステムなので、外出先での作業ができるようになり業務効率化が進んだ
・従業員が自分のスキマ時間を使って経費精算申請ができるのがいい
・CSVでのインポート機能を使って、効率よく仕訳ができるようになった

freee会計の資料をダウンロード
freee会計の資料をダウンロード