これは 健康管理システムの製品です。
健康管理システムの資料をダウンロード

Wellness Eyeとは?

Wellness Eye(ウェルネス アイ)は、SBアットワーク株式会社が提供するストレスチェックサービスです。従業員の健康管理・ケアと職場改善の両方を効果的に行うことを目指して開発されました。

東京大学大学院医学系研究科の川上憲人教授(開発当時)との共同研究により開発された独自の設問構成によって作られています。企業規模や業種を問わず幅広い導入事例を持っているサービスのひとつです。

健康管理システムのおすすめ製品

ハピネスパートナーズ

(4.5)

月額費用〜250円無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

ハピネスパートナーズとは、エムスリーヘルスデザイン株式会社が運営しているクラウド型の健康管理システムです。現場で利用する担当者のことを考えて設計されており、クラウド型のため、離れた拠点の従業員情報でも一元管理することができます。

複雑な特殊業務歴も一目瞭然

ハピネスパートナーズでは、特殊業務の登録や閲覧が可能で、業務内容や期間、作業場所などの項目を従業員ごとに一括で管理することができます。登録された業務歴を基として、必要な健診コースを表示してくれるため、管理を効率化することが可能です。

充実のフォローアップ

ハピネスパートナーズでは、健診受診率100%に向けた充実のフォローアップ機能を搭載しています。管理画面から簡単に、健康診断の進捗管理ができ、未受診者の一括抽出やリマインドも可能です。

従業員ごとのカルテを作成

ハピネスパートナーズでは、健康・保健指導面談の記録を基に、従業員ごとにカルテを作成することができます。面談記録や就業上の配置、従業員ごとに詳細な内容をカルテとしてまとめることができるため、保健指導に必要なケアを漏らすことがありません。

Be Health

(5)

年間費用37.5万円~無料お試し要問い合わせ
初期費用92万円~導入社数要問い合わせ

Be Healthとは、株式会社エヌ・エイ・シーが運営している健康管理システムです。使いやすさと柔軟性に優れ、かんたん、やさしい健康管理システムとして幅広い企業や大学、官公庁で導入されている実績があります。

煩雑な作業時間を大幅に削減

社内の健診データの単位や表記がバラバラで、書類作成やデータ整理に時間がかかり、コア業務に注力できないという課題は、健康管理における代表例です。Be Healthには、「健診データ統一ツール」が付属しており、バラバラの健診データを統一フォーマットに変換し、一元管理することができます。

誰でも使いこなせる操作性

Be Healthは、使いやすさを追求した健康管理システムです。10年以上産業保健に寄り添ってきた経験と、現場の声を汲み取り、本当に必要な機能だけを搭載したシンプルなデザインとなっているため、PC操作やITツールの扱いに不安がある方でも直感的に使いこなすことができます。

低価格での導入が可能

Be Healthは、「働く人が一人でも健康であってほしい」という理念をもとに、安さにチャレンジしています。5年間導入した際のトータルコストの安さ、従業員1人あたりのコストにおいて、最安値にチャレンジしており、類似サービスと比較しても圧倒的なコストメリットがあります。(従業員規模:250名以上におすすめ)

WELL ROOM

(4.5)

月額費用5,500円〜無料お試しあり
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

WELL ROOMとは、多言語に対応した健康サポートサービスです。外国籍社員からの職場での困りごとや日常生活での悩み相談に加え、健康診断の受診管理などを多言語で対応できるようになるため、人事労務部門の業務負荷を軽減することができます。

外国籍社員がいる企業の健診受診管理をサポート

外国語に対応した健診実施医療機関を探すことや健診受診のサポートは、人事労務担当者の負担となりがちです。WELL ROOMの「健康診断・人間ドックサービス」では、外国語対応が可能な健診実施医療機関をシステムから予約することができるため、担当者が医療機関を探して受診管理をする手間が省け、業務効率化に繋がります。

外国語対応が可能なメンタルヘルスサポート

WELL ROOMの「メンタルヘルス相談サービス」は、日本語/英語/中国語/スペイン語/ブラジルポルトガル語/フランス語/ベトナム語/韓国語の8カ国語に対応しています。多言語対応が可能な臨床心理士や公認心理師などからオンラインでカウンセリングを受けることができるため、外国籍社員を含めた全ての社員のメンタルヘルスケアを実施することが可能となります。

多言語対応が可能な産業医を紹介

WELL ROOMでは、法律上、産業医設置義務がない社員数50名未満の企業でも、産業医設義務のある企業でも、どちらも利用できる2つの産業医紹介サービスを用意しています。「産業医スポット利用コース」では、産業医との直接契約なしに多言語(日・英)に対応した産業医へ健康に関する相談や指導など、基本的な業務を依頼することができます。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

Wellness Eyeの特徴

Wellness Eyeの特徴は、大きく3つに分けられます。

東京大学との共同研究に基づいたストレスチェック

Wellness Eyeは、東京大学との産学共同研究により開発された独自の診断ロジックを採用しています。東京大学大学院医学系研究科の川上憲人教授(開発当時)との共同研究により、職場環境の改善をより効果的に行うことを目的として開発されました。

法定要件を満たしつつ、「組織の状態が十分に掴めない」、「設問が多く受検に時間がかかる」などの懸念点を解消したオリジナルの設問構成が意識されています。

受検者の負担軽減とコスト削減

スマートフォンやタブレットにも対応しており、マニュアルが必要ないシンプルな操作性を実現しています。必要な設問項目に絞り込み、直感的に操作できる回答システムを採用することで、受検者の回答負担を軽減することに成功しました。

また、メールアドレスがなくてもWEB受検が可能となっているため、紙媒体からWEB受検への切り替えによって、運用負担やコスト削減をすることも難しくありません。

豊富な導入実績と利用者数

約460社に導入された実績を持っており、45万人以上の方々に利用されています。ストレスフリーな回答システムや職場改善に役立つ充実した組織分析、手厚い運用サポートなどが評価され続けてきました。

2024年1月の時点においては、導入実績は約510社、利用者数は44万人以上にまで増加しています。

これは 健康管理システムの製品です。
健康管理システムの資料をダウンロード

Wellness Eyeの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

Wellness Eyeの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Wellness Eyeの良い評判・口コミ

・Wellness Eyeは、スマートフォンやタブレットにも対応しており、場所を選ばずに利用できる点が好評です。また、24時間365日利用できるセルフチェックツールとしても利用可能な点に人気を集めています。
また、セキュリティ面においても、ソフトバンクグループで定められた情報セキュリティ基本方針や個人情報保護方針に基づき、人的・物理的・技術的な対策を講じているため、情報漏れの防止がなされている点も強みといえるでしょう。

Wellness Eyeのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Wellness Eyeを導入した結果に関する評判・口コミ

・日本食研ホールディングス株式会社では、Wellness Eyeの導入により、データ収集や分析・加工の負担を大幅に軽減することに成功しています。また、結果レポートが分かりやすく、メンタルヘルスフォローを効率的に行えるようになったという声も少なくありません。

これは 健康管理システムの製品です。
健康管理システムの資料をダウンロード

健康管理システムの製品比較

WELL ROOM

WELL ROOM

月額費用5,500円〜

WELL ROOMとは、多言語に対応した健康サポートサービスです。外国籍社員からの職場での困りごとや日常生活での悩み相談に加え、健康診断の受診管理などを多言語で対応できるようになるため、人事労務部門の業務負荷を軽減することができます。

詳細記事はこちら

無料お試しあり

ハピネスパートナーズ

ハピネスパートナーズ

月額費用〜250円

ハピネスパートナーズとは、エムスリーヘルスデザイン株式会社が運営しているクラウド型の健康管理システムです。現場で利用する担当者のことを考えて設計されており、クラウド型のため、離れた拠点の従業員情報でも一元管理することができます。

無料お試し要問い合わせ

Be Health

Be Health

年間費用37.5万円~

Be Healthとは、株式会社エヌ・エイ・シーが運営している健康管理システムです。使いやすさと柔軟性に優れ、かんたん、やさしい健康管理システムとして幅広い企業や大学、官公庁で導入されている実績があります。

無料お試し要問い合わせ

ストレスチェッカー

ストレスチェッカー

月額費用0円〜

ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

無料お試し要問い合わせ

Wity

Wity

年額費用500円

Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

無料お試し要問い合わせ

健康管理システムの製品比較

WELL ROOM

WELL ROOM

月額費用5,500円〜

無料お試しあり

WELL ROOMとは、多言語に対応した健康サポートサービスです。外国籍社員からの職場での困りごとや日常生活での悩み相談に加え、健康診断の受診管理などを多言語で対応できるようになるため、人事労務部門の業務負荷を軽減することができます。

詳細記事はこちら

ハピネスパートナーズ

ハピネスパートナーズ

月額費用〜250円

無料お試し要問い合わせ

ハピネスパートナーズとは、エムスリーヘルスデザイン株式会社が運営しているクラウド型の健康管理システムです。現場で利用する担当者のことを考えて設計されており、クラウド型のため、離れた拠点の従業員情報でも一元管理することができます。

Be Health

Be Health

年間費用37.5万円~

無料お試し要問い合わせ

Be Healthとは、株式会社エヌ・エイ・シーが運営している健康管理システムです。使いやすさと柔軟性に優れ、かんたん、やさしい健康管理システムとして幅広い企業や大学、官公庁で導入されている実績があります。

ストレスチェッカー

ストレスチェッカー

月額費用0円〜

無料お試し要問い合わせ

ストレスチェッカーとは、株式会社HRデータラボが運営しているストレスチェックツールです。 日本最大級の導入実績があり、官公庁、大学などでも活用されています。

Wity

Wity

年額費用500円

無料お試し要問い合わせ

Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

その他の関連する記事