反社チェックサービスのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 反社チェックサービス の製品です!
反社チェックサービスの製品資料を一括ダウンロード

反社チェックサービスとは?

反社チェックとは、企業が新規取引を開始する時に、反社と関係をもっていないことを調査することです。

コンプライアンスチェックとも呼ばれており、暴力団以外にも、暴力団が経営するフロント企業などもチェックの対象とされます。

2007年より、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」が政府より発表されてから、上場企業のコンプライアンスチェック状況記録は必ず求められるようになり、日本取引所グループなどにおいては、コンプライアンスチェックが新規上場の審査の条件にもなっています。

そのため、反社チェックサービスは年々需要を増しているのです。

おすすめの反社チェックサービス

類似サービス: RISK EYES

(4.5)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 2営業日〜

RISK EYESとは、ソーシャルワイヤー株式会社が運営している反社チェックサービスです。 知りたい情報だけを効率的に得ることができる手軽さが魅力的で、機能が充実しているため使い勝手にも優れています。

反社チェックにかける時間を短縮

RISK EYESは、企業名や人名といった調査対象名だけで簡単に検索することができ、反社チェックに無関係な記事は自動で排除してくれるため、知りたい情報を短時間でノイズが少なく集めることが可能です。

記事検索の前に注意すべき相手をすぐに発見できる

RISK EYESは、2015年以降の報道情報を蓄積したデータベース(アンチソーシャルDB)を検索できるため、直近の反社関連情報の有無をピンポイントでチェックすることが可能です。

複数の取引先を一括で検索

RISK EYESでは、取引先の対象リストを会員ページからアップロードするだけで、全ての取引先を一括で検索することができるため、調査にかける工数を大幅に削減することができます。

類似サービス: アラームボックス パワーサーチ

(4.5)

         
月額料金 3,000円〜 無料お試し 30日間無料
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

アラームボックス パワーサーチとは、アラームボックス株式会社が運営している与信チェックツールです。 シンプルに利用することができるため、与信審査にかかる時間やコストの削減を実現します。

与信判断に必要な情報をスピーディーに取得

アラームボックス パワーサーチは、インターネット上に散在する信用情報や評判をスピーディーに収集することが可能です。 関連会社の情報を自動で選別してくれるため、自社で情報を選定する必要がありません。

調査にかける時間やコストを大幅に削減

アラームボックス パワーサーチでは、与信判断に必要な情報をまとめて収集できるため、これまで与信調査にかけていた時間を大幅に削減することが可能となります。 手間のかかる情報の選別や企業の評価などを対応してもらうことができる点も優れています。

簡単操作で待っているだけで情報収集が可能

アラームボックス パワーサーチは、誰でも使うことができるシンプルな作りとなっているため、PC操作が苦手という方でも安心して利用することができます。 利用手順もとてもシンプルで、会員登録後、調査したい会社を企業検索ページから探して調査依頼、あとは待っているだけで調査結果が届きます。

類似サービス: RoboRoboコンプライアンスチェック

(4.5)

         
月額料金 20,000円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

RoboRoboコンプライアンスチェックとは、オープンアソシエイツ株式会社が運営しているコンプライアンスチェック(反社チェック)ツールです。 手間と時間がかかるコンプライアンスチェック(反社チェック)の作業を大幅に効率化することができます。

直感的操作で取引先を一括登録

RoboRoboコンプライアンスチェックは、Excelファイルをドラッグ&ドロップするだけで、一括で取引先情報を登録・検索することができます。 チェック件数は、まとめて何件でも登録することができ、1クリックで自動検索してくれるため、手間がかかりません。

AIが関連する記事を自動で選別

RoboRoboコンプライアンスチェックでは、AIが取引先に関連する記事を3段階で自動判別してくれるため、自社で記事を選別する手間が効率化されます。 注目度の高い記事から表示してくれるため、確認すべき記事を見落とすことがなくなり、『ヒューマンエラー』や『判断の属人化』によるリスクを減らすことができます。

証跡の取得がまとめてできる

RoboRoboコンプライアンスチェックは、PDF/CSV/Excel形式で検索記事の結果をまとめて1クリックで保存することができます。 都度保存していた手間をなくし、コンプライアンスチェック(反社チェック)にかける時間を大幅に削減することが可能です。

これは反社チェックサービスの製品です。

反社チェックサービスの製品をまとめて資料請求


反社チェックサービスの調査範囲と取得情報

調査範囲

反社チェックサービスの調査範囲は、

  • 新聞記事
  • インターネット上の記事
  • SNSの投稿
  • ブログ・口コミサイトなどの書き込み
  • 官報、裁判例情報

などが挙げられます。

県警本部が公表している検挙情報なども調査対象として独自に情報収集しているサービスもあり、日本のみならず、海外の反社情報を知れる場合もあります。

また、反社チェックヒートマップと呼ばれる機能では、反社チェックとともに与信判断指標も提示されるため、対象とする企業が信頼に値するものか、しっかりと確認することができるのです。

取得情報

新聞記事・インターネット上の記事を反社チェックの調査対象とする場合、その企業が、

  • 違反
  • 不正
  • 横領
  • 脱税

などのキーワードとともに報道されていないかを調査します。

その結果を一覧として取得することが可能です。

また、広範囲で調査できるサービスでは、法人名や個人名をもとに、過去の法令違反や犯罪歴を確認できたり、所属する反社の役職・肩書を調査することもできたりするため、便利に活用できるでしょう。

反社チェックサービスの選定方法

調査する情報の範囲

前項にも記した通り、反社チェックサービスはそれぞれ収集する情報ソースが異なります。

上場企業がコンプライアンスチェックを行う場合、ネットの記事だけでは不十分とされるケースもあり、その場合は、新聞記事データベース・官報・警察関連情報など、信頼性の高い情報を対象としているサービスを利用する必要があります。

各企業のコンプライアンス基準・取引の規模などによって使用するべきサービスは異なると言えるでしょう。

API連携の可否

チェックしたい企業数が多い場合、CRM経由で反社チェック可能なサービスを利用すると良いでしょう。

システム同士のデータをAPI連携できる反社チェックサービスを利用すれば、取引先との契約をよりスムーズに行えるはずです。

スクリーニングの方法

Web記事からキーワード検索をする場合、無関係なものや関連性の低いものまで収集してしまうサービスも少なくありません。

必要な情報を人力で精査する作業は非常に労力のかかるものです。

例えば、AIによって関連する記事の優先順位をつけてくれたり、反社チェックとは無関係な記事をあらかじめデータソースから除いてくれたりするサービスを使えば、より高い精度でのチェックを実行してくれます。

スクリーニングの方法に関しても選定の基準に入れておくべきでしょう。

おすすめの反社チェックサービス7選

RISK EYES

特徴

RISK EYESとは、ソーシャルワイヤー株式会社が運営している反社チェックサービスです。

反社チェックに必要な情報をしっかりと収集することができ、多くの上場企業から導入されています。

反社チェックにかける時間をかけることなく、精度をあげたい場合、効率的に情報を収集したい場合におすすめです。

料金

  • 初期費用:0円
  • 1検索:300円〜

※2023年10月時点

RoboRoboコンプライアンスチェック

特徴

RoboRoboコンプライアンスチェックは、オープンアソシエイツ株式会社が運営しているコンプライアンスチェックサービスです。

反社チェック作業の効率化に尽力してくれるサービスとして、法務・総務部門の負担を軽減してくれます。

直感的な操作で、複数の取引先情報を検索することができる使い勝手の良さが持ち味です。

料金

【インターネット記事検索】

  • 従量プラン:〜250円/件(固定費なし)
  • 月額プラン:1~100件/20,000円/月(200円/件)
  • 年間プラン:件数に合わせて更にボリュームディスカウントあり

【インターネット&新聞まとめて検索】

  • 従量プラン:〜350円/件(別途 新聞データベース利用料:6,000円/年)
  • 月額プラン:1~100件/30,000円/月(300円/件)
  • 年間プラン:件数に合わせて更にボリュームディスカウントあり無料トライアル:10件までお試し可能(インターネット記事のみ)

※2023年10月時点

DQコンプライアンスチェック

特徴

DQコンプライアンスチェックは、株式会社ディークエストホールディングスが運営している反社チェックサービスです。

新規取引先・既存取引先に対して、訴訟歴・反社会勢力との関係性の有無などを詳しく調査でき、取引先をまとめてチェックしたり、海外の企業を調査したりなどさまざまなサービスが提供されています。

低コストなのも嬉しいポイントです。

料金

調査料金:300円〜/件

※2023年10月時点

Sansan(Sansan株式会社)

特徴

Sansanは、利用実績8,000社を誇る営業DXサービスであり、顧客情報を紙の名刺・オンライン名刺・メールの署名などから取り込み、取引リスクを自動検知することができます。

反社との関わりや、組織犯罪やマネーロンダリンへの関与など、あらゆるビジネスリスクを排除でき、会社全体のリスクマネジメントの効率化・強化に最適です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ

※2023年10月時点

RiskAnalyze

特徴

Risk Analyzeは、新聞記事の風評やSNS上の情報などをもとに、反社会勢力との繋がり・犯罪との関わりなどをチェックすることが可能です。

約700ヶ所からリスク情報を取得しており、危機管理の専門家による調査で、信頼性の高い情報収集を行ってくれるサービスです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 年間料金:6,000円

※2023年10月時点

Gチェッカー

特徴

Gチェッカーは、記事データベースをもとに、簡単にコンプライアンスチェックを行うことができるサービスです。

一括で検索を行えることから、複数の取引先のコンプライアンスチェックが可能で、検索式テンプレートによって慣れていない方も簡単にチェックすることができます。

料金

  • 情報出力料金:要問い合わせ
  • 検索料金:80円/回

※2023年10月時点

反社DB 即時検索

特徴

反社DB即時検索は、年間約780万件の検索件数を誇る、国内最高水準の反社チェックサービスです。

個人名・法人名を入力することで、結果がデータベースより出力され、印刷したりPDFで保存したりすることが可能です。

人的リソース不要で、簡単に反社チェックができる点が人気の秘訣です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 年間料金:要問い合わせ

※2023年10月時点

まとめ

以上、反社チェックサービスについて解説いたしました。

今後、反社チェックサービスは、より需要を増していくことと考えられます。

取引リスクを軽減し、効率化できる自社にぴったりな反社チェックサービスの導入を検討なさってください。

 

反社チェックサービス

類似サービス: RISK EYES

(4.5)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 2営業日〜

RISK EYESとは、ソーシャルワイヤー株式会社が運営している反社チェックサービスです。 知りたい情報だけを効率的に得ることができる手軽さが魅力的で、機能が充実しているため使い勝手にも優れています。

反社チェックにかける時間を短縮

RISK EYESは、企業名や人名といった調査対象名だけで簡単に検索することができ、反社チェックに無関係な記事は自動で排除してくれるため、知りたい情報を短時間でノイズが少なく集めることが可能です。

記事検索の前に注意すべき相手をすぐに発見できる

RISK EYESは、2015年以降の報道情報を蓄積したデータベース(アンチソーシャルDB)を検索できるため、直近の反社関連情報の有無をピンポイントでチェックすることが可能です。

複数の取引先を一括で検索

RISK EYESでは、取引先の対象リストを会員ページからアップロードするだけで、全ての取引先を一括で検索することができるため、調査にかける工数を大幅に削減することができます。

類似サービス: アラームボックス パワーサーチ

(4.5)

         
月額料金 3,000円〜 無料お試し 30日間無料
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

アラームボックス パワーサーチとは、アラームボックス株式会社が運営している与信チェックツールです。 シンプルに利用することができるため、与信審査にかかる時間やコストの削減を実現します。

       

与信判断に必要な情報をスピーディーに取得

アラームボックス パワーサーチは、インターネット上に散在する信用情報や評判をスピーディーに収集することが可能です。 関連会社の情報を自動で選別してくれるため、自社で情報を選定する必要がありません。

調査にかける時間やコストを大幅に削減

アラームボックス パワーサーチでは、与信判断に必要な情報をまとめて収集できるため、これまで与信調査にかけていた時間を大幅に削減することが可能となります。 手間のかかる情報の選別や企業の評価などを対応してもらうことができる点も優れています。

簡単操作で待っているだけで情報収集が可能

アラームボックス パワーサーチは、誰でも使うことができるシンプルな作りとなっているため、PC操作が苦手という方でも安心して利用することができます。 利用手順もとてもシンプルで、会員登録後、調査したい会社を企業検索ページから探して調査依頼、あとは待っているだけで調査結果が届きます。

類似サービス: RoboRoboコンプライアンスチェック

(4.5)

         
月額料金 20,000円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

RoboRoboコンプライアンスチェックとは、オープンアソシエイツ株式会社が運営しているコンプライアンスチェック(反社チェック)ツールです。 手間と時間がかかるコンプライアンスチェック(反社チェック)の作業を大幅に効率化することができます。

直感的操作で取引先を一括登録

RoboRoboコンプライアンスチェックは、Excelファイルをドラッグ&ドロップするだけで、一括で取引先情報を登録・検索することができます。 チェック件数は、まとめて何件でも登録することができ、1クリックで自動検索してくれるため、手間がかかりません。

AIが関連する記事を自動で選別

RoboRoboコンプライアンスチェックでは、AIが取引先に関連する記事を3段階で自動判別してくれるため、自社で記事を選別する手間が効率化されます。 注目度の高い記事から表示してくれるため、確認すべき記事を見落とすことがなくなり、『ヒューマンエラー』や『判断の属人化』によるリスクを減らすことができます。

証跡の取得がまとめてできる

RoboRoboコンプライアンスチェックは、PDF/CSV/Excel形式で検索記事の結果をまとめて1クリックで保存することができます。 都度保存していた手間をなくし、コンプライアンスチェック(反社チェック)にかける時間を大幅に削減することが可能です。

類似サービス: DQコンプライアンスチェック

(4.5)

                                                 
調査料金300円〜/1件 無料お試し 要問い合わせ
初期費用0円最短納期数分〜

DQコンプライアンスチェックとは、株式会社ディークエストホールディングスが運営している20年以上の調査実績を持つ反社チェックサービスです。 コストパフォーマンスに優れた簡易的な調査からより深掘りされた調査までを、ワンストップで調査対応できます。

反社チェック業務を兼務される方に最適

DQコンプライアンスチェックのリスク検索サービスは、専用オンラインシステムで、最短1分あれば簡単に発注ができ、待っているだけで調査員がノイズデータを削除した調査結果が、オンラインシステム上で納品されます。

手軽に反社チェックを始めることができる

DQコンプライアンスチェックは、簡易的なものから深掘りされた反社チェックまで、ニーズに応じた様々なサービスを展開しています。 手軽に始めることができる「反社チェックツール Lite」は、システム検索を利用するため最短数分で検索結果を納品することが可能です。

調査員による代行調査を実施

調査作業を効率化したい場合や、より精度の高い調査を希望する場合は、「リスク検索サービス」がおすすめです。 専門調査員による調査とノイズデータを除去した報告レポートにより、利用者の大幅な業務負担軽減が可能で、コストよりも作業効率を重視したい企業向けのサービスです。