これは ERP の製品です。
ERPの資料をダウンロード

社内の業務を効率よく進めていくためには、情報を一元管理することが重要です。
基幹業務を統合するERPを新たに導入することを予定しているのではないでしょうか?
今回はCCMSについて解説していきます。
気になる方は一度参考にしてください。

CCMSとは?

CCMS(COMPANY on Cloud Managed Service)とは、Amazon Web Services(AWS)のクラウドインフラを利用したERPシステム。
COMPANYの運用に最適化されたインフラを構築しています。
提供している企業は株式会社ワークスアプリケーションズです。

おすすめの類似ERPツール

類似サービス: ZAC

(4.5)

                   
月額費用 要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

プロジェクト別損益の可視化

ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用 40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用 0円 最短導入期間 3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

これはERPの製品です。

ERPの製品をまとめて資料請求

CCMSの特徴

新しいシステム・サービスを業務に取り入れる際、どのような特徴があるかチェックしてください。
従業員の負担を軽減できるかどうか踏まえ、新しいシステム・サービスの導入の準備を進めるのが重要。

CCMSの主な特徴として、以下のものが挙げられます。

  • 運用を短時間で済ませられる
  • 研修にかけるコストが少ない
  • 障害に対して24時間365日対応
  • 従量制課金の採用

ここでは、各特徴について解説していきます。

運用を短時間で済ませられる

CCMSはハードウェアの調達・設置・セットアップなどが不要。
アプリケーションを利用するまでの時間を短縮できます。
新しいシステム・サービスをいち早く導入したいと感じている企業も多いのではないでしょうか。

研修にかけるコストが少ない

特別な研修が必要ないのもCCMSを導入するメリットに挙げられます。
自社でのサーバー管理や障害対応にかかる負担が無くなるので、普段の業務に集中しやすくなるのもポイント。

クラウド運用を行う上で新しい人材を確保する必要がないため、CCMSを導入するか一度検討することをおすすめします。

障害に対して24時間365日対応

想定される障害に対するアルゴリズムが組み込まれています。
障害の感知から復旧を一定のフローで処理し、安全性の高い環境を実現。
24時間365日対応しているので、予想外の障害に対応したい企業におすすめです。

また、セキュリティ対策の一環として、世界で主要なセキュリティ認証を取得しているクラウドを採用しているのもCCMSの特徴に挙げられます。

従量制課金の採用

CCMSはパブリッククラウドを活用し、使用するリソースに対してのみ支払が発生する従量制課金を採用。
インフラ・利用料の無駄を省きやすいのがCCMSのメリットです。

CCMSで業務の効率化を目指そう

業務に支障をきたさないためには、生産管理や人事給与管理、会計管理などを効率よく進めていくことが重要です。
気になるERPを見つけたら、どのような特徴があるかチェックし、導入するかどうか判断しなければなりません。

業務を効率化し、従業員の負担を軽減したいと感じている企業はCCMSの導入を一度検討してはいかがでしょうか。

 
これは ERPの製品です。
ERPの資料をダウンロード

CCMSの料金・価格

初期費用

要問合せ

月額費用

要問合せ

CCMSの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

CCMSの良い評判・口コミ

・使い勝手が良く、導入後もスムーズに使えた。

CCMSのその他の評判・口コミ

見つかりませんでした。

CCMSを導入した結果に関する評判・口コミ

見つかりませんでした。

 
これは ERPの製品です。
ERPの資料をダウンロード

その他の関連する記事