これは ERP の製品です。
ERPの資料をダウンロード

生産性を向上させるためには、いかに業務の効率化を図るか検討する必要があります。
各企業によって課題が異なるため、どのような部分で従業員の負担が大きくなっているのか整理しましょう。
業務フローに適したシステム・サービスの導入は業務の効率化を図る方法の1つ。

気になるシステム・サービスを見つけたら、機能や特徴をチェックしてください。
今回はFutureStageについて取り上げます。

FutureStageとは?

FutureStageは、株式会社日立システムズが提供している製造・流通業向けの基幹業務ソリューションです。
生産管理・販売管理を中心とした統合管理により、製造・流通・小売業の経営課題の解決をサポート。

市場のトレンド・在庫情報・製造現場の進捗状況などに関する情報を整理できていないなどの悩みを解決。
数多くの企業がFutureStageを導入しているので、気になる方は自社の業務に適しているか検討してください。

おすすめの類似ERPツール

類似サービス: ZAC

(4.5)

                   
月額費用 要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

プロジェクト別損益の可視化

ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用 40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用 0円 最短導入期間 3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

これはERPの製品です。

ERPの製品をまとめて資料請求

FutureStageの特徴

FutureStageには、一体どのような特徴があるのか疑問に感じているのではないでしょうか。
主な特徴として、以下のものが挙げられます。

  • 基幹業務情報を一元管理
  • 売上や生産に関する情報をタイムリーに把握
  • 業務フローに合わせたカスタマイズが可能
  • さまざまなテンプレートを用意
  • 導入から運用までサポートを実施

ここでは、FutureStageの特徴について触れていきます。

基幹業務情報を一元管理

製造や販売などの基幹業務情報を一元管理し、業務の効率化を図れるのがFutureStageのメリット。
属人化していた業務を標準化することにより、従業員の負担を軽減できます。

売上や生産に関する情報をタイムリーに把握

売上や生産に関する情報をタイムリーに把握できるのも特徴の1つに挙げられます。
必要な情報にアクセスし、経営判断を行いましょう。

業務フローに合わせたカスタマイズが可能

業務フローに合わせてカスタマイズを行い、業務の効率化を図れるのもFutureStageの特徴。
電子帳簿保存ソリューションや地図情報活用ソリューション、商社・卸向けデータ分析ソリューションなどのシステムと連携できます。

さまざまなテンプレートを用意

機械器具卸をはじめ、食品素材卸や住宅設備・資材卸、化学品卸など、さまざまな業種に対応したテンプレートを用意しています。
どの業務の効率が良くなるかを踏まえ、導入するか判断してください。

導入から運用までサポートを実施

新しいシステム・サービスを普段の業務に取り入れたいものの、導入する手間やその後の運用ができるかなどの悩みを感じているのではないでしょうか?
FutureStageは導入から運用までサポートを実施しています。

FutureStageで業務の効率化を目指そう

FutureStageは業務フローに合わせ、カスタマイズが行えます。
属人化していた業務を標準化し、従業員の負担を軽減することが可能。
システム・サービスによって機能や特徴、料金などが異なります。
業務の効率化を目指す際、FutureStageが適しているか一度検討しましょう。

 
これは ERPの製品です。
ERPの資料をダウンロード

FutureStageの料金・価格

初期費用

要問合せ

月額費用

要問合せ

FutureStageの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

FutureStageの良い評判・口コミ

・設計からの出庫要求に対応でき、効率よく業務を行えるようになった。

FutureStageのその他の評判・口コミ

・廃盤機種を担当者が管理しきれていなかったため、実際に流動している機種なのか追えない場合がある。

FutureStageを導入した結果に関する評判・口コミ

・帳票書式を変更・作成できるレポート機能で顧客に対してスピーディーに対応できるようになった。

 
これは ERPの製品です。
ERPの資料をダウンロード

その他の関連する記事