チケット販売システムのおすすめ5選を徹底比較

 
これは チケット管理 の製品です!
チケット管理の製品資料を一括ダウンロード

遊園地や水族館、博物館、展望台など、チケット発券業務を伴うビジネス形態では、チケットのデジタル化によって、顧客情報を管理したり、チケット販売業務を効率化することが、成長の鍵となります。

チケット発券・販売を効率化し、データ活用を容易にするとして「チケット販売システム」を導入するケースが増えています。

本記事では、チケット販売システムについて、詳細や、おすすめのサービスなどを紹介しますので参考にしてください。

チケット販売システムとは

チケット販売システムとは、従来の紙でのチケット発券・販売をデジタル化し、販売データと来場者データを紐づけて管理することができるシステムです。

遊園地や水族館、博物館やライブイベントなどのチケット販売をオンライン上で完結できるようになるため、紙のチケットで起こりがちだった紛失や集計に関するミスをゼロに近づけることができ、販売データを活用したマーケティング施策、集客強化が期待できます。

おすすめのチケット管理システム

類似サービス: Smart Helloチケット

(4.5)

月額料金 30,000円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

Smart Helloチケットとは、株式会社システム ディが運営しているクラウド型チケット管理システムです。 手軽に導入することが可能で、チケット管理業務における煩雑化を解消、リスクの軽減を実現し、提供サービスの品質向上につなげることができます。

施設内業務を効率化

Smart Helloチケットは、施設業務を効率化する機能が豊富に搭載されています。 チケットプリンターと連携し、施設オリジナルのレイアウトでチケットを作成、タブレットを活用してチケット発券ができるため、スペースも節約することが可能です。

チケット販売サイトを構築できる

Smart Helloチケットでは、チケット販売サイトの構築機能も搭載しています。 サイト構築は、販売したいチケットを選択するだけのため、専門的な知識は必要ありません。

事務所業務も効率化

手間のかかる前受額や売上額の集計もボタン1つで実現できます。 旅行代理店やプレイガイドごとの売掛額、バウチャー額、手数料額の集計ができ、手動の集計作業を大きく効率化することが可能です。

類似サービス: CLOUD PASS

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

CLOUD PASSとは、株式会社ユニエイムが運営しているデジタルチケット販売システムです。 デジタルチケットを活用したスムーズなチケット販売が可能で、申込フォーム作成や来場者管理といったイベント管理に必要な機能を搭載しています。

スピーディーなイベント開催を実現

CLOUD PASSは、デジタルチケットの作成に関する豊富な機能で、スピーディーなイベント開催を実現することができます。

スムーズな受付管理が可能

従来のアナログなチケット管理では、チケット集計に時間がかかり、スムーズな受付が難しい点がありました。 CLOUD PASSは、デジタルチケットによってスムーズな受付管理が可能です。 紙のチケットと異なり、デジタルチケットであれば、チケットの紛失や不正使用のリスクも抑えることができます。

顧客情報を管理してマーケティングに活用

CLOUD PASSに搭載されている顧客管理機能を活用することで、取得情報別に集計データをリアルタイムに参照することができます。 購入者や申込者のチケット使用率や来場履歴といったログデータもリアルタイムに取得し、顧客情報を活用したデータマーケティングを可能とします。

おすすめのチケット販売システム

Smart Helloチケット

特徴

Smart Helloチケットは、株式会社システム ディが運営しているクラウド型チケット管理システムです。

チケット管理業務における煩雑化を解決し、リスクの軽減にもつながることから、遊園地や動物園、ライブハウス、美術館などのチケット発券を伴う施設や団体で導入されています。

チケットプリンターとの連携によって、施設オリジナルのレイアウトでのチケット作成を可能とします。

また、タブレットを活用してのチケット発見ができるため、発券機を設置するスペースを節約することも可能です。

セルフ発券による施設の省人化に貢献します。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:30,000円〜

※価格情報は2023年2月時点のもの

EVENT MANAGER+

特徴

EVENT MANAGER+は、チケット販売から受付業務までを一元管理できるデジタルチケット販売管理システムです。

項目を柔軟に設定できるデジタルチケットが作成可能で、豊富な機能によって柔軟なチケット管理が実現できます。

アンケート作成や、もぎり方法の選択なども可能で、入場受付のための機能も搭載されています。

顧客管理機能や売上管理機能といった、チケット販売後のデータ管理に活用できる機能も豊富で、非常に汎用性の高いサービスといえます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年1月時点のもの

CLOUD PASS

特徴

CLOUD PASSは、オンラインでのチケット販売やオフラインでのチケット販売を一元管理できるチケット管理サービスです。

チケット販売から来場者管理、データ集計などの業務を効率化、顧客情報管理も可能なため、業務課題の解消に貢献します。

手間のかかる売上集計や入場者数の集計を自動化でき、集計したデータをマーケティングに活用することも可能です。

複数施設の情報を一括で管理することもできます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:50,000円
  • 決済手数料:4.0%〜5.5%

※価格情報は2023年1月時点のもの

チケット for LINE Hybrid

特徴

チケット for LINE Hybridは、クラウド型のチケット販売管理サービスです。

初期費用や月額料金がかからないため、導入ハードルが低いサービスといえます。

LINEを活用したプロモーションが可能で、チケット購入時などにLINEの友だち登録をしてもらうことで、次回以降のイベント告知ができるなど、LINEを活用した様々なアプローチ・分析ができる点が特徴的です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円
  • 販売手数料:要問い合わせ

※価格情報は2023年1月時点のもの

チケットペイ

特徴

チケットペイは、株式会社メタップスペイメントが運営しているチケット販売システムです。

イベントチケットの予約や販売に必要な機能が網羅的に搭載されています。

紙チケットはもちろん、電子やQRチケットなどにも対応しており、抽選販売や指定席販売も可能です。

チケットの販売状況をリアルタイムに把握できるため、販売数の適正化にも役立ちます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円
  • 販売手数料:5.5%

※価格情報は2023年1月時点のもの

チケット販売システムを導入するメリット

チケット管理業務の効率化

チケット販売システムを導入することで、チケットの作成から販売をオンライン上で完結することができるため、業務効率化につなげることができます。

デジタルチケットに移行することで、チケット集計や来場者管理を自動化して、データの活用が可能となります。

数値をデータとして把握することで、マーケティング施策に活用しやすくなる点もメリットです。

チケット購入者側にとっての利便性が向上する

チケット販売システムは、チケットのデジタル化が可能なので、購入者側がスマートフォンやPCなどから手軽にチケットを購入できるようになります。

また、クレジットカードやコンビニ払いなど、様々な決済手段を取り入れることができるため、これまでは購入機会を損失していた層からのチケット購入が期待できます。

イベント運営の適正化

チケット販売システムは、開催したイベントの売上やチケット販売枚数などをリアルタイムに把握することができ、販売したチケットに来場者データを紐づけることができるため、次回開催するイベントでの適正なチケット販売数が想定しやすくなります。

また、サービスによっては顧客情報を活用してLINEでイベント告知やアンケートを行うといった、マーケティングが可能なサービスもあり、イベント後のフォローに活用できる機能を搭載しているものもあります。

チケット販売システムで業務効率化を

チケット販売システムを導入することで、チケット管理に関する業務を大きく効率化することができます。

サービスによって、業務効率化に強みがあるものや、集客支援に強みがあるものなど、特徴が様々ですので、本記事で紹介したおすすめサービスも参考にしていただき、比較検討してみてください。