これは IT資産管理 の製品です。
IT資産管理の資料をダウンロード

Assetment Neoとは?

企業内には、商品の在庫はもちろん消耗品など、あらゆるモノがたくさんあります。そのため、モノがどれくらいあるのかを正確に把握するのはとても難しいです。そんな資産の管理をサポートするのがAssetment Neoです。クラウド型の社内資産管理システムで、社内にある有形資産を一元管理し、資産情報を正確化することが可能になります。モノの種類に合わせた管理が可能になるので、今までよりももっと物品管理業務の効率化ができるようになるのです。

おすすめの類似IT資産管理ツール

類似サービス: 漏洩チェッカー

(4.5)

月額料金 100円〜/台 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 2週間程度

漏洩チェッカーとは、情報漏洩を未然に防ぐIT資産管理サービスです。 人的ミスなどの内部からの情報漏洩を防ぎ、企業や従業員の重要情報を管理するための機能を備えています。

   

自社の理想とするIT資産管理が可能

漏洩チェッカーは、1機能単位で契約することができるため、導入リスクを抑えて、企業が実現したい理想の情報管理体制を構築することが可能です。

管理者の負担を減らしつつセキュリティレベルを向上

漏洩チェッカーでは、あらかじめ通知基準を設定しておくことで、基準を超えた際には、自動で管理者にアラートが通知されるため、管理者が常に見張っておく必要がなくなります。

導入後の運用負担が少ない

漏洩チェッカーは、クラウド型のサービスのため、自社で運用のためのサーバーを用意する必要がなく、バージョンアップはワンクリックで行われ、サーバーの保守点検費用が不要で、導入後の負担が少ない点が特徴的です。

類似サービス: iDoperation

(4.5)

         
月額料金 要問い合わせ 契約期間 要問い合わせ
初期費用要問い合わせ 記事提供開始 要問い合わせ

iDoperationとは、NTTテクノクロス株式会社が提供している特権ID管理のためのソリューションです。 Administratorやrootといった特権IDの管理において発生しがちな課題が、これ1つで解決できることから、幅広い業界の企業に導入されています。

特権ID管理に必要な機能をオールインワンで提供

iDoperationは、特権ID管理に求められる3つの運用「特権IDの管理」、「特権IDの利用」、「特権IDの点検」をすべて実現し、求められる監査レベルに応じた基本機能を1つのパッケージで提供することができます。

監査対応実績100%

iDoperationは、これまでに様々なクライアントの監査事例をもとに、製品改善を続けており、監査対応実績は、100%(2012年からの当社実績)を実現しています。 豊富な監査レポートだけでなく、「監査人向け説明マニュアル」を用意しているため、導入企業が効率的に監査対応ができるようにサポートすることが可能です。

類似サービス: iDoperation SC

(4.5)

                   
月額費用 要お問合せ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 要お問合せ最低導入期間要問い合わせ

Doperation SCは、NTTテクノクロス株式会社が提供する画面操作録画ソフトです。 PCやサーバに、録画エージェントをインストールし、画面操作を動画で記録します。 テキスト形式のログだけでは記録できない、WebメールやUSBデバイスによるデータの持ち出しなどの操作も完全に記録することで、不正を抑止します。

   

直感的で使いやすい

iDoperation SCの録画エージェントのインストールは簡単で、導入後すぐに画面操作の録画を開始することができます。 記録した動画は専用のビューアから再生するだけのため、誰でも簡単に操作の確認ができ、操作がない時間帯はスキップしてユーザ操作のみを効率的に再生できる点も優れています。

高画質かつ低容量で録画が可能

高度な画像圧縮技術を採用しているため、小さな動画サイズであっても高画質かつ低容量で録画することができます。 導入前に、必要となるディスク容量やシステムリソースをサイジングシートで簡単に算出できます。

操作ログ管理製品との連携もできる

iDoperation SCは、他の操作ログ管理製品を連携することで、iDoperation SCの検索画面から操作ログ記録製品のログを検索キーワードにして検索でき、該当する操作の頭出し再生を行うことが可能になります。

この製品はIT資産管理ツールの製品です。

IT資産管理ツールの製品をまとめて資料請求

Assetment Neoの特徴

特徴① バーコードなどの利用により業務負担軽減

資産管理を効率よく行うためには、簡単かつ確実な管理方法が求められます。Assetment Neoは、バーコードやQRコード、数メートル離れていたとしても資産状況の管理ができるRFIDを利用した棚卸し作業ができるようになっています。紙ベースの作業からハンディスキャナーやスマホを使用した資産管理を行うことで、棚卸し作業の負担を⅕まで軽減できるのです。スマホなら資産状況の直接入力も可能です。

特徴② 台帳の管理もこれ1つで

棚卸し作業には台帳が必須です。ですが、台帳が複数あると、どの台帳に何が書いてあるかなどを把握するのが難しくなってしまいます。でもAssetment Neoなら、あらゆる台帳をまとめて管理できるようになっているため、把握するのがより簡単になります。パソコンやスマホの画面で全ての資産の現状の把握が可能になり、資産の細かい分類もできるため、管理業務の負担が大きく軽減できます。

特徴③ 利用者などの情報を正しく把握できる

パソコンなどのIT機器には、企業にとって重要な情報がたくさん含まれています。Assetment Neoは、そんなIT機器を、誰が・どこで・いつ利用しているのかを正しく把握できるため、サーバーやネットワーク機器の設定情報も管理できます。システム変更も3ステップで完了し、変更履歴の蓄積もできるため、システム設定の変更や更新で発生するトラブルを防ぐことができるのです。
[table “it_assetmanagement” not found /]

 
これは IT資産管理の製品です。
IT資産管理の資料をダウンロード

Assetment Neoの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

Light:40,000円~60,000円
Standard:60,000円~280,000円
Enterprise:要問い合わせ

Assetment Neoの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Assetment Neoの良い評判・口コミ

・情報を全て入れられるだけではなく、棚卸し後の報告・分析もできるようになっている
・操作に慣れると見やすくなり、使いやすさを実感できるようになる
・見せたい人だけにユーザーライセンスを発行したり公開するというような使い方もできる

Assetment Neoのその他の評判・口コミ

・Excelの表でのやり取りでサポートを受けることになるので、返答がわかりにくい
・データ構造がいくつかの資産台帳を繋ぎ合わせたものになっており、組織の規模によっては使いにくい
・請求書が電子やPDFに対応していない

Assetment Neoを導入した結果に関する評判・口コミ

・ハンディを持ち歩くだけで棚卸しがだいたい終わるようになった
・Excel管理からの脱却ができただけではなく、棚卸しの時間が短縮された
・説明が丁寧で、自社の課題に対して真剣に向き合ってくれた

 
これは IT資産管理の製品です。
IT資産管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事