eラーニングシステムの料金の幅は?価格が変わるポイントや料金相場を解説

 
これは eラーニング の製品です!
eラーニングの製品資料を一括ダウンロード

eラーニングは、教材の作成や配信が手軽に行え、受講者も場所を選ばずに学習できることから、効率的な学習手段として多くの企業で導入されています。eラーニングを導入する際には、その料金が気になることでしょう。では、eラーニングの導入にかかる料金はどれくらいなのでしょうか。

eラーニングシステムの料金は何で決まる?

eラーニングシステムの料金は主に以下の2つの要素によって決まります。

買取か、サブスクリプションか

オンプレミス型と呼ばれる導入形態では、ソフトウェアやパッケージを購入し、顧客が用意したインフラにインストールします。これをライセンス買取方式と言います。一方、クラウドサービス型では、クラウド上に構築されたeラーニングシステム環境をベンダーが提供し、月額料金を支払って利用するサブスクリプション方式が一般的です。

ユーザー数やサービスプランによる変動

eラーニングシステムのライセンス料金やクラウドサービス利用料金は、通常、ユーザー数に応じて変動します。また、異なる機能を提供する複数のライセンス種別やサービスプランが存在し、これらの選択とユーザー数によって料金が変動します。

おすすめの類似eラーニングサービス

オンライン研修×自己啓発学習を実現: Schoo

(4.5)

月額料金 1,500円/ID 無料お試し デモアカウント発行可能
初期費用 要問い合わせ 導入会社 2000社以上

参加型の生放送授業と、4,600授業以上の動画教材で「仕事に活きる」知識・スキル・考え方を学べるサービス。どのデバイスからでも視聴でき、録画授業も見られるので、隙間時間でも学びやすいです。

豊富な研修パッケージ

Schoo for Businessで提供している研修パッケージは、実に100種類以上。 新入社員や中堅社員、管理職など、階層ごとに豊富な研修カリキュラムが用意されているため、社員一人ひとりにあった研修を行うことができます。 さらに、Schooには「視聴履歴の管理」、「オリジナル研修の作成」、「レポート提出機能」といった独自の受講管理機能が搭載されているため、学習効果の確認はもちろん、専門的な部門でもオンライン研修が可能という特徴があります。

学習意欲を刺激するコンテンツを提供

Schooの提供する授業は、ビジネス·ITスキルから働き方、健康、経済といった非常に幅広い分野をカバーしています。 ビジネススキル系:322種類 思考·自己啓発:289種類 OAスキル系:47種類 プログラミング:153種類 マネジメント:101種類 SE·エンジニア:156種類 上記以外にも豊富なカテゴリが用意されており、授業は365日更新されるため、常に最新のビジネストレンドを社員自ら学習することができます。 6,200以上もの動画が見放題で、スマートフォンやタブレットからでも視聴することができるため、テレワークを採用している企業はもちろん、移動中など空き時間を利用しての学習が可能です。

双方向での学びが実現できる

Schooのオンライン研修は、2種類の双方向での学びを実現させます。 毎日配信している生放送の授業では、講師と受講生代表、ユーザーの三者でコミュニケーションをとりながら進めることができるため、受け身な姿勢から導入企業の社員自ら学ぶという意識変革が期待できます。

類似サービス: LearnO

(4.5)

月額料金 4,900円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 1ヶ月〜

10年以上の運営実績があり、初期費用がかからない点や、最短1ヶ月から導入できる手軽さから、これまでに多くの法人ユーザーから利用されています。

   

操作性に優れた画面

LearnOは、初めてeラーニングシステムを利用するという方でもストレスなく学習することができるわかりやすい画面で設計されており、スマホ・タブレットにも対応しているため、ちょっとした移動時間を活用しての学習も可能です。

データを活用した学習分析が可能

LearnOでは、成績が良い人の学習動向をログデータで把握することができます。

常に最新の状態で利用できる

LearnOでは、年4回以上のバージョンアップを行なっています。 ユーザーの声を反映してアップデートを行なっているため、使えば使うほど利便性が高まり効果的な学習を実現することができます。

類似サービス: etudes

(4.5)

月額料金 最大500円 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

UIが使いづらいと、学習しようとするモチベーションを損なう原因になりますが、「etudes」は、その点において非常に優れているサービスです。

   
     

UIが非常に使いやすい

UIが使いづらいと、学習しようとするモチベーションを損なう原因になりますが、「etudes」は、その点において非常に優れているサービスです。 一般的なインターネット検索を行うレベルで使用できるため、直感的操作のみで学習をストレスなく進めることができます。

研修スタイルが選択可

「etudes」は、パソコン・タブレット・スマートフォンでの動画学習はもちろん、PDF等のファイルを使った学習・アンケートにも対応しているため、学習内容の理解度を確認するテストも作成・配信することができます。

セキュリティ体制が強固

「etudes」では、万全のセキュリティ体制が整えられているのも嬉しいポイントです。 Microsoft Azureの「PaaS」が採用されており、安心してサービスを利用することができます。

この製品はeラーニングの製品です。

\30秒でダウンロード可能/

eラーニングの製品をまとめて資料請求

eラーニングシステムの料金相場

eラーニングシステムの導入形態には、クラウド、オンプレミス、スクラッチ開発の3つがあります。

オンプレミス型

既存のパッケージ化されたeラーニングシステムを導入します。インフラ環境の整備が必要で、初期費用は100万円から500万円ほどです。

クラウド

各ベンダーが提供するeラーニングシステムをサービスとして利用します。相場としては、初期費用と月額で合わせて、5万円から20万円程度が一般的です。

スクラッチ開発

eラーニングシステムを一から開発します。開発費用は最低でも500万円以上が必要で、1,000万円を超えることもあります。

eラーニングシステムを選ぶ際のポイント

受講者の明確化

eラーニングはユーザーIDを基に活用します。コンテンツの内容が製品によって異なるため、受講者を明確にすることが重要です。専門的な内容を学習する場合は、オリジナルコンテンツを作成しやすい製品の導入がおすすめです。

利用方法と端末の決定

学習データの管理やコンテンツの配信には学習管理システムが必要です。これを利用するためのサーバは、自社で用意するか、ベンダーのクラウド型を使用するかを選択します。また、受講者が使用する端末も考慮し、製品を選定します。

教材の内容決定

目標を定めることで必要なコンテンツが決まります。また学習内容を選定する際には、既製の教材を購入するか、自社用にオリジナルで作成するかを検討します。

まとめ

eラーニングは、買切型やサブスクリプション型などの導入方法、またユーザー数やプランなどによっても変動します。

その料金相場は5万円から500万円程度と幅広くなっており、必要な機能や自社のスタイルに合ったものを選ぶことでより良い運用が可能となるでしょう。