予算管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 予算管理システム の製品です!
予算管理システムの製品資料を一括ダウンロード

予算管理システムとは?

予算管理システムとは、予算と実績の分析を行うことができるシステムです。

まず、予算管理とは、企業が設定した予算を適切に使うために、進捗管理や分析を行うことを指します。

企業が成長していくためには、利益を出し続けることが必要となりますが、利益を出すためには四半期ごとなどの決められたタイミングで予算と実績の比較分析を行うことが重要となります。

従来は、Excelなどの表管理ソフトを使って予算管理を行うことが一般的でしたが、近年では分析する項目が多くなってきたこともあり、集計や分析自体に時間がかかるようになったため、効率的に予算管理をするために予算管理システムが開発されています。

予算管理システムを導入することで、効率的にデータを収集し、データ入力を自動化、工数の削減が可能となります。

オンプレミスやクラウド型など、企業にあった形式で導入できるサービスが登場しています。

予算管理システムを導入するメリット

予算管理業務の効率化

これまでのExcelでの予算管理から、予算管理システムへと切り替えることで、データ収集や管理を効率化することが可能となります。

部門を横断して予算管理ができるようになり、データ統合のミスを防げる点もメリットです。

データの自動集計、自動入力によって、入力ミスを防止することができます。

属人化を解消

Excelでの予算管理は、情報の共有に難点があり、担当者しか把握できていない情報があるといった属人化を招く恐れがあります。

予算管理システムは、直感的に操作することができるサービスが多く、いつでもリアルタイムに情報を共有することができ、複雑な関数などを使用することもありません。

情報共有を効率化し、組織として予算管理に取り組むことが可能となります。

データドリブンな判断ができる

Excelでの予算管理の難点として、データ集計や分析に時間がかかる点が挙げられます。

得られた結果が最新のものでないことから、経営判断に活かしにくい点がデメリットです。

予算管理システムを導入し、迅速なデータ収集、分析ができるようになれば、リアルタイムに進捗を把握し、状況にあった経営判断が可能となります。

予算管理システムの選び方

Excelからデータ移行ができるか

予算管理システムを導入する場合、Excelからのデータ移行ができるかを確認しておくと良いでしょう。

すでに予算管理を行なっていて、Excelを活用しているという企業も多いため、そのままデータをシステムに移行できるシステムを選ぶことで、スムーズにシステムでの管理に移行することが可能となります。

また、Excelの操作感を踏襲したシステムも多く登場しているため、このようなシステムを選ぶことで、慣れ親しんだ操作感でそのまま利用できるでしょう。

システムによっては、無料のトライアルを提供しているものも多く、操作感を試すためにも利用してみることをおすすめします。

外部システムのとの連携の可否

予算管理システムは、会計システムなどの外部サービスとの連携ができるかで利便性が異なります。

会計システムや原価計算システム、給与計算システムなど、どのような外部サービスとの連携が可能かを確認しておきましょう。

おすすめの予算管理システム7選

DIGGLE(ディグル)

特徴

DIGGLEは、DIGGLE株式会社が運営している予実管理システムです。

クラウド上で予実管理を一気通貫して行うことができ、予実管理の担当者が抱えている課題の解消に貢献します。

予算・実績・見込の自動集計が可能で、経営データをリアルタイムに一元管理し、多角的な分析が可能です。

柔軟な設定ができるため、企業ごとの事業形態に応じた予実管理フローを実現することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Loglass 経営管理

特徴

Loglass 経営管理は、株式会社ログラスが運営している経営管理クラウドです。

表計算ソフトにおける煩雑化や、データ管理のミスといった課題を解消し、経営管理領域のデータを一元化することができます。

アナログ運用をデジタル化し、すべての経営管理プロセスを効率化します。

Excelなどで管理していた予算や見込みデータの自動統合が可能で、集計作業の手間を削減することができます。

データ統合はワンクリックでできるため、専門的な知識が不要な点も優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Sactona(サクトナ)

特徴

Sactonaとは、アウトルックコンサルティング株式会社が提供している経営管理システムです。

クラウド・オンプレミスと導入企業にあった形式で導入することができます。

経営における意思決定に必要な予算編成や予算管理などに関する情報を提供し、実行、改善を繰り返していくことで、PDCAを回すことができるようになります。

連携や部門別、製品別など様々な業務領域に対応することができます。

Excelライクな操作画面となっているため、最初から操作がしやすい点が優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Anaplan

特徴

Anaplanとは、財務管理や生産管理を効率化するSaaS型のサービスです。

営業や調達、人事、会計といった領域の業務を繋ぎ、業務全体のプロセスを効率化することができます。

全社のデータをリアルタイムに連携し、いつでも鮮度の高い情報を把握し、より正確な経営判断や将来の見通しを可能とします。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Board

特徴

Boardとは、BIツールとCPMの性質を1つに統合したプラットフォームです。

データの収集から分析、戦略管理までをサポートすることができます。

解析したデータをベースとして、予算管理を行い、経営戦略を打ち立てることができるようサポートしています。

また、操作性に優れており。ドラッグ&ドロップの直感的な操作でデータの移行、レポート作成などが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Manageboard

特徴

Manageboardとは、株式会社ナレッジラボが提供している予算間んりシステムです。

クラウド型のサービスとなっており、予算実績分析や財務分析といった豊富な機能で予算管理業務を効率化することができます。

財務分析はワンクリックの簡単操作で高度な分析が可能となっており、レポートの出力も可能です。

売上別やコスト別、部門単位など多角的に予算管理ができる点も優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年2月現在のもの

Workday Adaptive Planning

特徴

Workday Adaptive Planningとは、クラウド型の予算管理システムです。

単年度計画から中長期計画まで、ボトムアップやトップダウンの予算編成をクラウド上で実現することができます。

常に最新のデータを保存し、時間や場所を選ばない情報確認を可能とします。

予算管理ツールとして世界で高い評価を受けており、確かな導入効果が期待できます。

料金

  • 基本料:1,600,000円〜
  • 管理者ライセンス:170,000円〜
  • 利用者ライセンス:89,000円〜
  • 閲覧者ライセンス:56,000円〜

※価格情報は2024年2月現在のもの

まとめ

予算管理システムについて解説しました。

予算管理は、企業が継続的に成長していく上では欠かすことができないため、予算管理システムを導入し、管理体制を効率化することが望まれます。

システムの選定にあたっては、無料トライアルが利用できるかにも注目すると良いでしょう。