Ever Automationとは?

Ever Automation(エバーオートメーション)とは、SMS連動型オートコールシステムです。テキストで記載した文章、もしくは事前に吹き込んだ音声を読み上げてくれるサービスで、日本語を含めた数ヶ国語に対応しています。

オペレーターを採用すると膨大な人件費がかかりますが、Ever Automationならば人件費がかからず大幅なコストカットにつながります。1時間で何万人もの顧客に発信でき、時間帯に関係なく自動でオートコールが可能なため、従業員の勤務時間に左右されることなく、顧客にアプローチできます。

おすすめの類似テレアポ管理・支援ツール

類似サービス: Ever Automation

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 要問い合わせ

Ever Automationとは、株式会社エバーバンクが運営している、テキストの読み上げによって架電効率を向上させるオートコールシステムです。 テキストで記載した文章、または事前に吹き込んだ肉声音声を読み上げてくれるサービスで、日本語を含めた数ヶ国語に対応しています。

   

コスト削減を実現

Ever Automationを導入することで、大幅なコスト削減を実現できます。 予めテキストや音声を登録しておけば、自動で音声を読み上げてくれるため、人的リソースが不要となります。 空いた人員を別の業務に配置転換すれば、生産性の向上につなげることが可能です。

幅広いシーンで活用できる

Ever Automationは、幅広い用途で利用でき、催促/督促業務やアンケート調査、リマインド連絡、販促連絡などに活用されています。 例えば、政治関係の情勢調査では、「◯◯地区を中心に政治に関するアンケートを行なっております。ご協力いただける方は①を…」といった具合でテキストを設定しておくことで、その都度オペレーターがテキストを読み上げる手間を効率化することができます。

正確な集計、集中架電も可能

架電を自動化することで、予め決めておいた目標の架電数を期日内に達成できるようになり、正確な集計が可能となります。 また、1日で数万件単位の自動架電ができるため、断続的な業務や緊急性が高い集中架電にも対応しています。

これはテレアポ管理・支援システムの製品です。

テレアポ管理・支援システムの製品をまとめて資料請求

Ever Automationの特徴

特徴①大幅なコスト削減を実現

Ever Automationを導入することで大幅なコスト削減を実現できます。オペレーターが発信する場合、膨大な人件費がかかります。Ever Automationはあらかじめテキストや音声を登録しておけば、自動で音声を読み上げてくれるため、人的リソースが不要になります。

空いた人員を別な業務に配置転換することで、コストを削減しつつ、生産性の向上にもつながります。土日・早朝など時間帯を問わず架電が可能になるため、従業員がいない時間帯であっても架電業務ができるようになり、時間外出勤を減らすことができます。

特徴②SMS送信機能と連動

Ever AutomationはSMS連動型オートコールシステムです。電話口では伝えにくい振込先やURLといった情報もSMSならばスムーズに伝えることができます。SMSを併用することで顧客からの回答率も上げることができます。音声だけだと、なかなか話が伝わらなかったり、誤って伝わったりすることもありますが、SMSならばそうした事態を回避できます。

特徴③さまざまな場面で活用可能

Ever Automationは催促業務や督促業務に利用されることが多いです。支払遅延、延滞金発生などのお客様に対し、督促を促す業務をすべてオートメーション化してくれます。それにより、大幅な運用改善とコスト削減が見込めます。

また、顧客へのリマインドとしても活用可能です。顧客への確認業務、リマインド業務をオートメーション化することで生産性の向上につながります。

[table “tele_appointment_kanri” not found /]
 

Ever Automationの料金・価格

初期費用

無料

月額費用

要問い合わせ

Ever Automationの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Ever Automationの良い評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Ever Automationのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Ever Automationを導入した結果に関する評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

 

その他の関連する記事

    関連記事はありませんでした。