請求書発行システムのおすすめ15選を徹底比較

 
これは クラウド(Web)請求書発行の製品です。
クラウド(Web)請求書発行の資料をダウンロード

請求書発行システムとは?

請求管理システムとは、請求書を発行する際の、データ取り込みの電子化、メール送信による送付時間短縮、紙・郵送費のコスト削減などを実現できるサービスです。

業務効率化を推進し、ヒューマンエラーの削減など、より業務を確実なものにしたい際に最適です。

請求管理システムによって、紙面を使用せず、データで請求書を発行・送付までを行えるので、請求書発行業務をアナログで行っていたり、業務フローに課題を感じていたりする企業にはぴったりと言えます。

おすすめの類似請求管理システム

類似サービス: 楽楽明細

(4.5)

         
月額費用 要問合わせ 無料お試し トライアル環境あり
初期費用 要問合わせ 導入会社 10,000社超

請求書処理の完全ペーパーレス化を実現する請求書の代行受領・データ化サービス。紙・メール・PDF等形式を問わず、取引先から届くすべての請求書を一律で代行受領してくれます。

あらゆる帳票発行の自動化が可能

楽楽明細は、請求書や納品書、支払い明細、領収書といったあらゆる帳票の電子化、自動発行が可能です。 帳票データを楽楽明細へ取り込むだけでWebか郵送、メール添付、FAXのいずれかの方法の中から、顧客に応じて自動で割り振り発行してくれるため、書類発行における印刷や封入作業などの手間が大きく効率化されます。

とにかく簡単&シンプル

新しいシステムを導入すると、操作を覚えるために学習期間が必要となることがネックですが、楽楽明細は初めてシステムを利用する方でも直感的に理解できる操作性のため、実際に操作しながら覚えることができます。 請求書発行業務に特化した機能が搭載されており、余計な機能がないため、「機能が多すぎて使いこなせない」という課題は発生しません。

契約継続率99%を実現するサポート体制

楽楽明細では、導入から実際の運用までを懇切丁寧にサポートしてくれます。無理に契約するようなことはなく、他社比較をした上で納得して契約することが可能です。 幅広い業界の帳票電子化をサポートしてきた経験があるため、業界特有の課題にも対応することができます。

類似サービス: TOKIUMインボイス

(4.5)

月額費用 5万円~ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 30万円 導入会社 660社

請求書処理の完全ペーパーレス化を実現する請求書の代行受領・データ化サービス。紙・メール・PDF等形式を問わず、取引先から届くすべての請求書を一律で代行受領してくれます。

完全ペーパーレス化を実現

TOKIUMインボイスは、請求書の受け取りからデータ化、保管までを完全ペーパーレスで実現することが可能です。 請求書の形式は問わずに利用できるため、多様な業界で導入することが可能で、ペーパーレス化によるコストカットにもつながります。

99.9%の入力精度

スマホやスキャナで撮影された領収書は、オペレーター二人体制で入力し、入力内容をシステムでマッチング·検証した正確なデータとして返却します。 その入力精度は、99.9%と非常に高く、OCR(光学文字認識)だけでは実現できなかった正確なデータ化が可能になるため、経理担当者は金額·日付などの入力不備を修正する手間が軽減されます。

承認作業もオンラインで完結

TOKIUMインボイスには、ワークフロー機能が搭載されており、これによって紙への捺印、回覧業務からの脱却が可能になります。 部署情報と金額を条件に、自動でワークフローを提案してくれるため、ワークフロー設定にかかる手間もかからず、承認者の追加や削除がマニュアルで簡単に設定でき、誰がいつ申請·承認したかが、一つの画面で簡単に確認可能です。

正確かつ短時間で請求書をデータ化: バクラク請求書

(4.5)

月額料金 3万円〜 無料お試し デモあり
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

AI搭載型のOCRで請求書を短時間でデータ化、機械学習による業務自動化などが実現できるとして、多くの企業から導入されています。

OCRで請求書を高速でデータ化

バクラク請求書には、AIを搭載したOCRが機能が実装されており、これによって最短5秒で請求書のデータ化が可能となっています。 様々なフォーマットの請求書に対応しており、読み取りの精度も高いため、手入力による修正の手間もかかりません。 一度に10枚以上の請求書を同時にアップロードしても、瞬時に各項目を読み取ることができます。 また、バクラク請求書のサービスページからOCR機能を無料で試すことができるので、読み取り精度を確かめてからトライアルを利用するのもおすすめです。

仕訳データの自動学習で手入力の手間を効率化

バクラク請求書では、一度登録されたデータを学習して自動で仕訳を生成できる機能が搭載されており、源泉税のレポートや月次の支払いレポートなど、様々な仕訳を作成することが可能です。 様々な会計システムのフォーマットに対応しているため、すでに利用している会計システムから乗り換えることなく、スムーズな業務効率化を実現します。 請求書データを手入力で転記しており、入力ミスが問題だったという方には、バクラク請求書は強い味方と言えるでしょう。

請求書の回収状況が可視化できる

請求書管理において、「現場による請求書の上げ忘れ」や「取引先が請求書を送ってこない」などは、課題となりがちです。 バクラク請求書では、請求書の回収状況をレポートで確認することができ、回収漏れを防ぐことができます。 また、回収催促機能が搭載されているため、請求書をURLで回収することが可能です。 請求書の回収状況が可視化できることで、抜け漏れを防いで請求書管理を効率化につなげることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

この製品は請求書発行システムの製品です。
請求書発行システムの製品をまとめて資料請求

請求書発行システムの主な種類

電子請求書作成

現在利用している帳票のフォーマットを使って、電子請求書の作成が実現されます。

請求書電子発行

請求書を簡単な操作でデータ化し、PDF・CSVなどに出力できます。

送付先の自動収集

これまで取引した企業の情報を収集し、自動的にデータベースに登録できます。

次回同じ相手に請求を行う際にも、ワンクリックで宛先を入力できます。

ワークフロー機能

発行した帳票に関するワークフローを設定できる機能です。

人的ミスの防止に役立ちます。

請求書発行システムを導入するメリット

業務効率化

まず、請求管理システムを導入する最大のメリットは業務効率化です。

請求管理システムを導入すれば、請求書作成・送付の効率化などが叶います。

スペースの確保

紙面で請求書を発行する場合、書類を収納する物理的なスペースが必要ですが、請求書発行システムを利用すれば、空いたスペースを有効に利用できます。

膨大な請求書の中から、目的のものを探し出すのは大変ですが、その手間がなくなります。

ペーパーレス化の推進

請求管理システムは、ペーパーレス化を推進したい際にも強い味方になってくれます。

印刷代・備品の購入なども削減でき、コストカットも図れます。

請求書発行システムの選び方

操作性の良さ

請求書発行システムは、操作性の良さが何より大切です。

案件単位での管理がしっかりと行えるよう、一つの取引先で複数の案件を取り扱う際も簡単に把握できるものを選ぶことをおすすめします。

無料トライアルなどを利用して、しっかりと使い心地を把握すると良いでしょう。

サポート体制は十分か

取引先に対しても、電子請求書導入の案内・サポートをしっかりと行ってくれるシステムを導入することは非常に重要です。

他のシステムと連携可能か

自社の既存システムと連携可能かどうかも重要な観点です。

API連携・データ同期が簡単なシステムを使って、短期間で業務効率化・コスト削減を実現可能かどうかをしっかりとチェックすると良いでしょう。

セキュリティ体制は十分か

請求書発行ソフトはクラウド上でデータを扱うため、情報漏洩のリスクにしっかりと備えておく必要があります。

監視体制は万全か、通信データは暗号化されているかなど、システムのセキュリティ体制も十分に考慮するべきです。

おすすめの請求管理システム15選

「楽楽明細」

特徴

「楽楽明細」は、8,000社以上(2023年9月時点)と業界トップレベルの導入実績を持つサービスです。

シンプルな操作性、サポート体制の充実っぷりが魅力で、懇切丁寧なサポートが信頼を博しています。

売上シェアの高いクラウド帳票発行サービスとして高く評価されています。

料金

  • 初期費用:25,000円〜
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※詳細は2023年10月現在

TOKIUMインボイス

特徴

TOKIUMインボイスは、株式会社TOKIUMが運営している請求書の代行受領·データ化サービスです。

豊富な導入実績が魅力で、請求書のデータ化・一元管理を可能にします。

請求書の受け取り・保管をペーパーレスで行えるようになるため、コストカット・担当者の業務負担の軽減に最適と言えます。

料金

  • 初期費用:300,000円〜
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※詳細は2023年10月現在

SmartDeal

特徴

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営しているクラウドサービスです。

受注プロセスの高速化を実現するための機能が搭載されています。

見積もりページの作成・編集が可能で、見積もりページを作成してクライアント側で見積もり情報や見積書を確認してもらうことで、受注プロセスの高速化につながります。

発注側はユーザー登録の必要なく利用でき、電子署名で印刷やスキャン、郵送作業を省略できる点も優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2024年5月時点のもの

invox発行請求書

特徴

invox発行請求書とは、株式会社invoxが運営している請求書発行サービスです。

請求書のデータをシステムに取り込んで、送信方法を指定するだけと操作方法がシンプルで、紙・電子に関わらずインボイス制度に対応した請求書の発行ができます。

シリーズ製品で豊富な導入実績があり、継続率も高いサービスです。

独自レイアウトにカスタマイズすることができるため、特殊な形式の請求書を取り扱っている場合でも対応することができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:1,980円〜

※価格情報は2024年5月時点のもの

freee会計

特徴

freee会計とは、freee株式会社が運営しているクラウド会計ソフトです。

経理関係の業務は属人化が発生しやすいことが懸念されますが、freee会計は操作性に優れており、誰でも使いこなせるシステムとして開発されています。

電子帳簿保存法やインボイス制度といった法改正に対しても迅速なアップデートで対応することができます。

請求管理機能が搭載されており、インボイス制度に対応した請求書の作成から送信、仕訳・会計処理、自動消込が可能となっています。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:2,980円〜

※価格情報は2024年7月時点のもの

Bill One

特徴

Bill Oneは、名刺管理ソフトで有名なSansan株式会社が運営しており、どのような書式の請求者でも電子化できる利便性の高さが魅力です。

データ化は99.9%と精度の高さが魅力で、人の手で修正する手間を省いてくれます。

初期費用無料なのも大きな魅力と言えるでしょう。

料金

  • 初期費用:0円〜
  • 月額費用:0円〜

※詳細は2023年10月現在

奉行Edge 請求管理電子化クラウド

特徴

奉行Edge 請求管理電子化クラウドは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営しているクラウド請求書電子化システムです。

すぐに利用開始できる操作性の良さが魅力で、自社独自の形式の書類も簡単に電子化できます。

請求書関連業務のDX化を推進したい企業の強い味方です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:7000円〜

※詳細は2023年10月現在

バクラク請求書

特徴

バクラク請求書とは、株式会社LayerXが運営しているクラウド請求書受領ソフトです。

AIを搭載したOCRによって請求書のデータ化が高い精度で行えるため、多くの企業が導入しています。

もちろん、電子帳簿保存法にも対応しており、紙の帳簿の電子化を進めたい企業にも最適です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:10,000円~
  • 無料トライアル:あり

※詳細は2023年10月現在

BtoBプラットフォーム 請求書

特徴

BtoBプラットフォーム請求書は請求書の発行・受け取りまでをデータ化し、クラウドで保存できるサービスです。

送付先受け取り状況・開封状況などもシステム上で確認でき、請求書発行の管理体制をしっかりと構築することができます。

料金

  • 初期費用:100,000円〜
  • 月額費用:20,000円〜
  • 無料トライアル:あり

※詳細は2023年10月現在

バクラク電子帳簿保存

特徴

バクラク電子帳簿保存は株式会社LayerXが運営する電子帳簿保存法のシステム要件に対応したサービスです。

請求書・見積書など、あらゆる国税関係書類をクラウドでしっかりと保存、活用することができます。

無料で利用することができるため、コストをかけずに電子帳簿保存法に対応したサービスを利用したい際に最適です。

料金

  • 初期費用:300,000円〜
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※詳細は2023年10月現在

MakeLeaps

特徴

MakeLeapsとは、メイクリープス株式会社が運営しているクラウド請求管理サービスです。

見積書・請求書といった帳票の書類作成や送付、入金管理までを一元化することができます。

操作性に優れており、幅広い企業での導入実績があります。

インターネットに接続できる環境とデバイスがあれば、場所を選ばず利用することができ、テレワークにも活用することができます。

作成した帳票をクラウド上で手軽に共有することができ、請求業務の効率化につながります。

料金

  • 初期費用:0円〜
  • 月額料金:0円〜

※価格情報は2024年5月時点のもの

Misoca

特徴

Misocaとは、弥生株式会社が運営している経理業務の効率化ツールです。

見積書や納品書、請求書などを発行、一元管理することができます。

申告書とのデータ連携や回収機能なども搭載されており、経理業務全体の効率化につながります。

作成した請求書はワンクリックで送付することができるだけでなく、郵送サービスもあり、必要な場合は紙で請求書を送ることができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:8,800円〜(年額)
  • 無料トライアル:無料プランあり

※価格情報は2024年5月時点のもの

請求管理ロボ

特徴

請求管理ロボとは、株式会社ROBOT PAYMENTが運営しているクラウドサービスです。

請求書を電子化し、取引先にメールで送付することで、請求管理における業務プロセスを高速にすることができます。

従来の郵送のための作業が省略され、紙代や印刷コストなどもカットされます。

クラウドで電子化された請求書データが保存されるため、オフィス以外の場所でも手軽に請求書を作成して送付することが可能となり、経理のテレワーク促進にも貢献します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2024年5月時点のもの

マネーフォワードクラウド請求書

特徴

マネーフォワードクラウド請求書とは、株式会社マネーフォワードが運営しているクラウド帳票作成サービスです。

請求業務全体を効率化することができ、これまでに幅広い企業で導入されている実績があります。

電子ストレージサービスとの連携によって、請求書を紙で印刷する必要がなくなるため、請求書の管理業務が効率化されます。

また、郵送代行にも対応しているため、請求書を作成して印刷、封入作業、郵送といった手間を省略することができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:3,980円〜

※価格情報は2024年5月時点のもの

SpreadOffice(スプレッドオフィス)

特徴

SpreadOfficeとは、株式会社スプレッドオフィスが運営している受発注管理業務システムです。

幅広い企業で導入されている実績があり、クラウド型であるため初期費用やサーバー費用が発生しません。

マルチデバイスに対応しており、オフィス以外からの場所でも利用できます。

帳票テンプレートが豊富で、好きなデザインを選んで短時間で見積書や発注書を作成することが可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:980円〜

※価格情報は2024年5月時点のもの

請求書発行システムの料金相場

請求書発行システムの料金相場としては、以下の通りです。

  • 初期費用:20,000円〜30,000円
  • 月額料金:2,000円〜5,000円

月額料金に関しては、決まった金額でユーザー無制限に利用できるものや、利用できるユーザー数によって料金が異なるもの、ユーザー数が増えるごとに従量課金となるものなどがあります。

従業員数が少ないスタートアップなどでは、ユーザー課金タイプのシステムを利用した方がコストを抑えられるでしょう。

無料トライアルを利用できるサービスも多く、操作性や画面デザインなどを確認してから導入することができます。

また、クラウド型とオンプレミス型で料金は大きく異なり、一般的にクラウド型の方が初期費用を抑えることができるため、コストを重視するのであれば、クラウド型のサービスがおすすめです。

まとめ

以上、請求書発行システムについて解説いたしました。

請求書発行システムを利用すれば、電子帳簿保存法請求書にしっかりと対応した上で、データの取り込みや、請求業務の効率化・簡略化を図れます。

また、ペーパーレスの推進によるコストカット、ヒューマンエラーの防止など、さまざまな面で強みを発揮してくれます。

サービスによって特徴や売りが異なりますので、ぜひ自社に最適なものの選定・導入を検討してください。

これは クラウド(Web)請求書発行の製品です。
クラウド(Web)請求書発行の資料をダウンロード

クラウド(Web)請求書発行の製品比較

freee会計(中堅・大企業向け)

freee会計(中堅・大企業向け)

月額費用3,980円〜

freee会計とは、freee株式会社が運営しているクラウド会計ソフトです。単体型やシリーズ型のシステムと異なり、統合型クラウドERPによって、マスタの統合と、一気通貫した業務フローを構築することができます。

無料お試し要問い合わせ

invox発行請求書

invox発行請求書

月額費用1,980円〜

invox発行請求書とは、株式会社invoxが運営している請求書発行サービスです。請求データを取り込み、送信方法を指定するだけで、紙や電子に関わらず手軽にインボイス制度に対応した請求書を発行することができます。

無料お試し要問い合わせ

奉行Edge 請求管理電子化クラウド

奉行Edge 請求管理電子化クラウド

月額費用7,000円〜

奉行Edge 請求管理電子化クラウドとは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営しているクラウド請求書電子化システムです。マスタ連携なしで、すぐに利用を開始することができ、自社独自のフォームの請求でも電子化することが可能なため、幅広い企業で活用することができます。

無料お試し要問い合わせ

SmartDeal

SmartDeal

月額費用要問い合わせ

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営している受注プロセスの高速化を実現するクラウドサービスです。 「決裁者の外出やテレワークによる承認の遅れ」、「書類管理の煩雑化」、「発注・申込作業の遅れ」といった課題を解消し、営業プロセスを短縮することができます。

無料お試し要問い合わせ

Bill One

Bill One

月額費用0円〜

Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供している請求書管理システムで、あらゆる請求書をオンラインで受け取ることができます。法改正にも対応しており、導入企業側でアップデートする手間がありません。紙やPDFなど形式が異なる請求書でもデータ化して一元管理できるため、請求書業務を効率化して、月次決算業務を加速させることが可能です。データ化の精度が非常に高く、正確なデータ化を実現します。

無料お試し要問い合わせ

TOKIUMインボイス

TOKIUMインボイス

月額費用6万円~

請求書の代行受領・データ化サービスで、請求書をデータ化してオンラインで一元管理することができます。請求書の受け取りからデータ化、保管までペーパーレス化を可能とするサービスとして多くの企業から導入されています。請求書の形式を問わずに利用でき、請求書を受け取るために出社する手間がなくなるため経理のテレワーク推進にも貢献します。入力精度がとても高いため、自社で確認を行う手間がない点も特徴的です。

詳細記事はこちら

無料お試し要お問合せ

「楽楽明細」

「楽楽明細」

月額料金要問い合わせ

楽楽明細は、紙の請求書管理を電子化し、ペーパーレス化や管理の効率化を実現できるサービスです。 あらゆる帳票発行の自動化が実現され、簡単かつシンプルな操作性が特徴的です。 契約継続率99%を実現するサポート体制で高い信頼を得ており、「月2時間の作業時間が10分に短縮された」、「年間280万円のコスト削減に成功した」、「9割以上の帳票が電子化できた」といった声が報告されています。

詳細記事はこちら

無料お試しトライアル環境あり

クラウド(Web)請求書発行の製品比較

freee会計(中堅・大企業向け)

freee会計(中堅・大企業向け)

月額費用3,980円〜

無料お試し要問い合わせ

freee会計とは、freee株式会社が運営しているクラウド会計ソフトです。単体型やシリーズ型のシステムと異なり、統合型クラウドERPによって、マスタの統合と、一気通貫した業務フローを構築することができます。

invox発行請求書

invox発行請求書

月額費用1,980円〜

無料お試し要問い合わせ

invox発行請求書とは、株式会社invoxが運営している請求書発行サービスです。請求データを取り込み、送信方法を指定するだけで、紙や電子に関わらず手軽にインボイス制度に対応した請求書を発行することができます。

奉行Edge 請求管理電子化クラウド

奉行Edge 請求管理電子化クラウド

月額費用7,000円〜

無料お試し要問い合わせ

奉行Edge 請求管理電子化クラウドとは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営しているクラウド請求書電子化システムです。マスタ連携なしで、すぐに利用を開始することができ、自社独自のフォームの請求でも電子化することが可能なため、幅広い企業で活用することができます。

SmartDeal

SmartDeal

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営している受注プロセスの高速化を実現するクラウドサービスです。 「決裁者の外出やテレワークによる承認の遅れ」、「書類管理の煩雑化」、「発注・申込作業の遅れ」といった課題を解消し、営業プロセスを短縮することができます。

Bill One

Bill One

月額費用0円〜

無料お試し要問い合わせ

Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供している請求書管理システムで、あらゆる請求書をオンラインで受け取ることができます。法改正にも対応しており、導入企業側でアップデートする手間がありません。紙やPDFなど形式が異なる請求書でもデータ化して一元管理できるため、請求書業務を効率化して、月次決算業務を加速させることが可能です。データ化の精度が非常に高く、正確なデータ化を実現します。

TOKIUMインボイス

TOKIUMインボイス

月額費用6万円~

無料お試し要お問合せ

請求書の代行受領・データ化サービスで、請求書をデータ化してオンラインで一元管理することができます。請求書の受け取りからデータ化、保管までペーパーレス化を可能とするサービスとして多くの企業から導入されています。請求書の形式を問わずに利用でき、請求書を受け取るために出社する手間がなくなるため経理のテレワーク推進にも貢献します。入力精度がとても高いため、自社で確認を行う手間がない点も特徴的です。

詳細記事はこちら

「楽楽明細」

「楽楽明細」

月額料金要問い合わせ

無料お試しトライアル環境あり

楽楽明細は、紙の請求書管理を電子化し、ペーパーレス化や管理の効率化を実現できるサービスです。 あらゆる帳票発行の自動化が実現され、簡単かつシンプルな操作性が特徴的です。 契約継続率99%を実現するサポート体制で高い信頼を得ており、「月2時間の作業時間が10分に短縮された」、「年間280万円のコスト削減に成功した」、「9割以上の帳票が電子化できた」といった声が報告されています。

詳細記事はこちら

その他の関連する記事