販売管理システムのおすすめ15選を徹底比較

 
これは 販売管理システムの製品です。
販売管理システムの資料をダウンロード

今回は、販売管理・販売管理ツールについて解説いたします。

おすすめの販売管理システムや導入するメリットについても解説いたしますので、ぜひサービス選定の参考になさってください。

販売管理とは

販売管理とは、どの商品を誰にどれだけ販売したかを管理することです。

販売管理システムを利用すれば、受注〜納品、すなわちお金・商品の流れを一元的に管理できるため、業務効率化、スマート化を図ることができます。

受注・出荷・発注・仕入れ・請求・売り上げ管理・入金・支払いなど、これらの業務を紙・目視などアナログな方法で管理する場合、煩雑になりやすく、書類の作成ミスや在庫確認ミスが起こりがちです。

その結果、商品不足・在庫過多などのミスが起きることも考えられます。

また、販売管理システムを導入すれば、業務の全体像を把握できることから、販売データの管理が効率化され、売り上げ・購買データを有効に活用することも可能です。

販売管理のおすすめ製品

MA-EYESnc

(5)

月額費用40,000円〜無料お試し30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

CO-NECT

(4.5)

月額料金要問い合わせ初期費用要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間申込日の当日

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースにより、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルを必要とせずに利用でき、カスタマーサポートが手厚いのも大きな特徴です。 導入した企業からは、「請求にかかる時間が3日から3時間に短縮された」「年間100万円のコスト削減に成功」などの嬉しい声が上がっています。

受注業務のデジタル化で業務時間の削減が可能

従来のFAXや電話での受注業務では、文字が読み取れないことから確認のために電話をしたり、聞き間違いよる発注ミスなどが起きてしまうケースも少なくはありませんでした。

取引先への負担なく導入できる

CO-NECTは、取引先(発注側)は無料で利用することができます。 新しいシステムを導入する際は、取引先にも同様のシステムを使ってもらうことが多く、料金や操作面などで負担がかかってしまう場合もあります。

充実したレポート機能で受注状況の分析が可能

CO-NECTには、販売管理や分析に関する機能が豊富に搭載されているため、受注状況を効率的に把握することが可能です。 CO-NECT以外の受注情報も一元管理できるため、受注状況の把握がしやすく、出荷指示もCO-NECT上から行うことができます。

販売管理の製品をまとめて資料請求

販売管理システムを利用するメリット

業務・情報共有の効率化が実現する

販売管理システムの導入メリットとしては、まず業務効率化・情報共有の効率化が挙げられます。

従来の販売管理の場合、商品の情報・点数・請求額などを紙や目視で管理しつつ、電話・メール・Excelなどで共有する必要がありましたが、販売管理システムを導入することでそれらの業務を自動化できるため、作業工数を大幅に削減できます。

商品情報を一度登録しておけば、ワンクリックで検索できる上、他の社員とも簡単に共有できるため、業務は大幅に効率化されることでしょう。

確認ミス・伝達ミスを防止できる

従来の販売管理は、人為的な確認方法が多いことから、数え間違い・記載ミスなどが起こりがちでした。

例えば、記載されている在庫数と適合しなかったり、請求漏れが発生してしまったりなど、企業の信頼を落とすトラブルが起こらないとは限りません。

販売管理システムを利用すれば、業務の自動化・情報共有の効率化によってミスを削減できます。

受注のタイミングでメールを関連部門に自動で送信できるようにすれば、情報共有不足による漏れや、記入ミスなどを削減でき、担当者の確認作業も省くことができるでしょう。

分析機能で経営戦略を立案できる

販売管理システムの多くには、分析機能が搭載されています。

蓄積されたデータを効率的に分析できるようにすれば、注文が増える時期を把握したり、そのタイミングに合わせて適切な在庫を確保しておいたりなど、最適な経営戦略も立てることができるでしょう。

蓄積された購買データは、顧客の氏名・性別・住所など、属性ごとに登録し分析できるため、セグメント化しつつ、条件にあったターゲットへマーケティングが叶います。

販売管理システムの選び方

導入タイプで選ぶ

販売管理システムを選ぶ際は、クラウド型やオンプレミス型といった導入タイプを決めましょう。

中小企業の場合、コストを抑えて短期間で導入することができるクラウド型の販売管理システムがおすすめです。

事業経験が長く、既に決まった販売管理の手法が確立されている、自社に合わせた運用ができるシステムを希望する場合は、カスタマイズ性に優れたオンプレミス型の販売管理システムを導入すると良いでしょう。

既にオンプレミス型の販売管理システムを利用している場合、同じ会社がの製品であればクラウド型に移行できるケースもあります。

自社業界に精通しているかを確認

販売管理システムは、食品業界や製造業など特定の業界や業種に特化しているサービスが多くあるため、自社業界での導入実績が豊富なシステムを選ぶと良いでしょう。

業界・業種ごとに求められる機能が異なるため、自社業界に適した販売管理システムを選ばないとオプションで機能を追加したり、自社向けにカスタマイズしたりと追加コストや手間が発生してしまうため、注意が必要です。

既存システムとの連携が可能か

販売管理システムを選ぶ際は、既に利用しているシステムとの連携が可能かを確認しておくと良いでしょう。

既存システムとの連携ができると、既に蓄積されているデータを販売管理システムで活かすことができます。

CRMや在庫管理システムなどは販売管理システムとの相性がよく、連携によって利便性を高めることが可能です。

販売管理システムのおすすめ15選

CO-NECT(コネクト)

特徴

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。

わかりやすいインターフェイスで設計されており、初めて受発注システムを利用するという方でもマニュアルなしに操作することができます。

販売管理機能としては、受注した注文を担当者へ伝え、出荷指示をだすことができる機能や、注文の対応状況を一覧で可視化できる機能などが搭載されています。

請求にかかる時間を短縮し、コスト削減につなげることができるサービスです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

MA-EYESnc

特徴

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが運営しているクラウド業務管理システムです。

リアルタイムにプロジェクトの収支管理が可能となっており、生産性の向上に貢献します。

プロジェクトに紐づく経費や、社員の実績などを登録しておくことで、プロジェクトの終了前であっても予実の確認が可能となります。

リアルタイムにプロジェクトの進捗を把握し、プロジェクトの赤字化を未然に防ぐことができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:60,000円〜

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

アラジンオフィス

特徴

アラジンオフィスは、株式会社アイルが提供する販売管理・在庫管理パッケージシステムです。

5,000社以上が導入しており、ユーザーリピート率も高く、多くの企業から支持を集めています。

販売管理に必要なシステムが一元的に集約されていることから、ユーザーに最適なカスタマイズができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

楽楽販売(働くDB)

特徴

楽楽販売(働くDB)は、販売管理業務の標準化・効率化に最適なシステムです。

受発注・請求・進捗工程をしっかりと管理でき、業務全体のフローのカスタマイズも自在に行えます。

対応履歴・進捗状況をクラウドで共有できることから、伝達ミス・確認ミスの心配も無用です。

料金

  • 初期費用:150,000円
  • 月額料金:70,000円〜

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

楽商

特徴

楽商は、50年以上の運営実績がある販売管理システムです、

充実した基本の機能以外にも、導入企業それぞれのニーズに最適なカスタマイズができるツールとして高く評価をされています。

クラウドサービス・一貫したシングルサポートであることから、初めて利用する場合も心配ありません。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

EXPLANNER/Z

特徴

EXPLANNER/Zは、日本電気株式会社による、45年間の運営で30,000本以上の導入実績があるサービスです。

生産管理の課題解決を叶えるツールとして、企業ごとに柔軟に運用スタイルを構築できます。

セキュリティ対策も十分で、情報漏洩の心配がないのも大きな魅力です。

料金

  • 期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

flam(フラム)

特徴

flamはクラウド販売管理システムで、業務効率化を実現することができます。

使い勝手の良さが持ち味で、PCの操作が苦手でも十分に使いこなすことができます。

低コストで利用でき、費用を抑えた販売管理が実現できることでしょう。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:9,300円

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

GEN

特徴

GENは、中小企業に最適な販売管理システムです。

在庫管理・購買管理・生産管理など、顧客管理・ワークフローを充実させる多様な機能が搭載されており、帳票変更・項目追加などを柔軟に行える上に、運用コストの安さ、業務の効率化の優秀さににより高く評価をされています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:9,300円

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

ZAC

特徴

ZACは、IT業・広告業・士業など、販売管理システム800社以上の多様な導入実績を誇るサービスです。

販売管理はもちろん、在庫管理・勤怠管理など、必要な機能をチョイスして利用することができることから、余計なコストをかけずに導入できる点が大きなメリットです。

ワークフロー機能・プロジェクト収支管理機能・売上データの集計など、業務効率を向上させるあらゆる機能が搭載されています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2023年12月現在/詳細は公式サイトを確認

Atom WMS

特徴

Atom WMSとは、株式会社アトムエンジニアリングが運営しているクラウド型の倉庫管理システムです。

バーコードとハンディターミナルを活用して、倉庫作業を大きく効率化し、ピッキングや出荷検品、入荷から出荷までの流れを管理することができます。

EDIや生産管理システムとの連携も可能となっています。

クライアントごとに柔軟な対応が可能となっており、業務やセキュリティルールに合わせてサーバーやハードウェアの選択ができます。

また、クラウドからオンプレミスへの移行も可能となっています。

料金

  • 初期費用:500万円
  • 月額料金:要問い合わせ

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

ci.Himalayas/R2

特徴

ci.Himalayas/R2とは、株式会社シーネットが運営しているクラウド型の倉庫管理システムです。

入庫や出庫、在庫管理、棚卸といった倉庫管理に必要な機能が豊富に搭載されています。

複数拠点のデータを本社で一元管理することができ、クラウド型のため自社サーバを構築する必要もありません。

専任スタッフによる運用サポートがあり、24時間365日のサポート体制でバックアップしています。

BtoB出荷、BtoC出荷の両方に標準対応しており、柔軟なカスタマイズが可能です。

希望によってオンプレミスでの提供にも対応しています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

GENESISS

特徴

GENESISSとは、GEN株式会社が運営している販売管理システムです。

クラウド型のサービスとなっており、シンプルなユーザーインターフェイスで設計されています。

受注や納品、請求、売掛処理などを効率化する機能が搭載されており、画面レイアウトや帳票、項目までを自社業務に最適化するようカスタマイズすることができます。

各帳票のテンプレートが準備されており、ログインして情報を入力するだけで見積書など各種帳票をすぐに発行することが可能です。

作成した帳票は、PDF形式でダウンロードすることができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:5,000円~

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

TRADING

特徴

TRADINGとは、株式会社サンプランソフトが運営している国内在庫販売管理システムです。

輸出・輸入・輸出・在庫・在庫・販売管理といった幅広い業務領域をカバーすることができます。

導入企業の事業内容やニーズに合わせて、必要な機能のみを選択して利用できるように、柔軟な対応が可能となっています。

なお、TRADINGシリーズはクラウドまたはSaaS型、買い切り型で利用することができます。

標準機能を活用して、カスタマイズを必要最低限にし、最短かつ低コストでの利用を実現します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

WorkVision販売管理

特徴

WorkVision販売管理とは、株式会社WorkVisionが提供している販売管理システムです。

クラウドで利用することができるため、手軽に導入、運用することができます。

販売管理、仕入管理、在庫管理をサポートする機能が搭載されています。

荷姿別やロット・有効期限、セット商品・一式商品など、さまざまな形態の在庫管理に対応しており、マスタ管理の機能も利用可能です。

クラウド型のサービスであるため、場所を選ばず利用することができ、テレワークを取り入れている企業にもおすすめとなっています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:20,000円〜

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

ShareBRIDGE

特徴

ShareBRIDGEとは、株式会社ハーツアンドソウルが運営しているクラウド型の販売管理システムです。

低価格から利用でき、高性能な機能を搭載しています。

販売管理に役立つさまざまな機能を有しており、クラウド型のため専用サーバの構築は不要です。

ロット管理から有効日付管理、荷姿管理までをオプション料金なしで利用することができるなど、コストパフォーマンスに優れています。

各情報をCSV形式でデータ抽出することが可能なため、既存システムへのデータ反映作業も手間なく完結します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2024年5月現在/詳細は公式サイトを確認

販売管理システムの料金相場

クラウド型の販売管理システムの料金相場

クラウド型の販売管理システムの料金相場としては、以下の通りです。

  • 初期費用:0円〜150,000円
  • 月額費用:10,000円〜100,000円

クラウド型の販売管理システムは、インターネットに接続できる環境とデバイスがあれば場所を選ばず利用することができ、比較的低価格で導入することができます。

アップデートやシステム保守をベンダー側が担当してくれるため、導入企業側に負担が少ない点も優れています。

パッケージ型の販売管理システムの料金相場

パッケージ型の販売管理システムの料金相場としては、以下の通りです。

  • 製品価格:100万円〜1,000万円

パッケージ型の販売管理システムは、既に構築されているシステムを自社で購入し利用するタイプのシステムです。

あらかじめ決められた機能しか利用できないケースが多いのですが、システム構築の手間がないため、導入後すぐに運用を開始することができる点が優れています。

スクラッチ型の販売管理システムの料金相場

スクラッチ型の販売管理システムの料金相場としては、以下の通りです。

  • 初期費用:500万円〜1億円

スクラッチ型の販売管理システムは、ゼロから導入企業向けに開発しているシステムです。

自社に合わせて自由にカスタマイズすることができるため、柔軟な機能開発が可能となっています。

しかし、ゼロから開発するため、初期費用が高額になり、導入までに時間がかかるケースが多い点に注意が必要です。

まとめ

商品の受注〜納品まで販売の流れを効率的にさせ、しっかりと管理できるシステムは安心して利用できることでしょう。

それぞれのサービスの機能や料金などの違いに着目し、ぜひ自社にあったサービスを選定なさってください。

これは 販売管理システムの製品です。
販売管理システムの資料をダウンロード

販売管理システムの製品比較

MA-EYESnc

MA-EYESnc

月額費用40,000円〜

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

無料お試し30日間無料

CO-NECT

CO-NECT

月額料金要問い合わせ

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースにより、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルを必要とせずに利用でき、カスタマーサポートが手厚いのも大きな特徴です。 導入した企業からは、「請求にかかる時間が3日から3時間に短縮された」「年間100万円のコスト削減に成功」などの嬉しい声が上がっています。

詳細記事はこちら

初期費用要問い合わせ

販売管理システムの製品比較

MA-EYESnc

MA-EYESnc

月額費用40,000円〜

無料お試し30日間無料

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

CO-NECT

CO-NECT

月額料金要問い合わせ

初期費用要問い合わせ

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースにより、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルを必要とせずに利用でき、カスタマーサポートが手厚いのも大きな特徴です。 導入した企業からは、「請求にかかる時間が3日から3時間に短縮された」「年間100万円のコスト削減に成功」などの嬉しい声が上がっています。

詳細記事はこちら

その他の関連する記事