受付システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 受付システムの製品です。
受付システムの資料をダウンロード

近年、オフィスにおける受付業務の効率化が求められています。そこで注目されているのが、受付システムです。しかし、一口に受付システムといっても、様々な種類があり、それぞれ機能や価格も異なります。そこで今回は、おすすめの受付システム7選を徹底比較します。

受付システムとは?

受付システムとは、来客対応や電話取次などの受付業務を自動化・無人化するためのシステムです。従来、受付業務は受付担当者が手で行っていましたが、受付システムを導入することで、以下のようなメリットがあります。

  • 業務効率化
  • セキュリティ強化
  • 顧客満足度向上

受付システムのおすすめ製品

アイタッチ

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ月額固定費要問い合わせ

アイタッチとは、ABphone株式会社が運営している無人受付システムです。 これまでに100社以上の導入実績があり、沖縄から北海道まで全国で利用されています。 独自のクラウドサーバー「ABphone Connect」を利用することで、専用工事の必要なく手軽に無人受付システムを設置することができます。

簡単設定で導入できる

無人受付システムは便利な反面、初期設定や情報変更が難しいというケースも少なくはありません。 アイタッチは、予め用意したコンフィグファイルをインポートするだけでアプリの設定を完了することができます。 受付アプリに設定した構成をファイルに書き出しておけば、万が一のトラブル時でも、いつでも同じ設定も戻すことが可能です。

導入企業に合わせたレイアウトが可能

アイタッチは、導入企業のエントランスに合わせて縦・横どちらでも表示することができます。 導入企業側で背景画像やロゴ、ボタンなどを自由にカスタマイズすることができ、企業ロゴや社名を表示することも可能です。

管理が簡単

アイタッチは、PCからicloud.com経由でも管理できるため、非常に簡単です。 PCからicloud.comの連絡先や写真を編集するとアイタッチにも反映されるため、手動で編集する手間が効率化されます。 呼び出し先の入れ替えや内線番号の変更なども簡単にできるため、運用管理における工数を削減できます。

受付システムの製品をまとめて資料請求

おすすめの受付システム

次におすすめの受付システムを紹介していきます。

アイタッチ

アイタッチは、企業のフロントデスクを効率化し、訪問者の印象を向上させる受付管理システムです。高度なテクノロジーを駆使して、来訪者のチェックインからチェックアウトまでのプロセスをスムーズかつプロフェッショナルに行います。

特徴

アイタッチの最大の特徴は、そのユーザーフレンドリーなインターフェイスと、迅速かつ正確な受付処理能力です。タッチスクリーンを利用して、訪問者は数ステップでチェックインが可能。事前予約システムとの連携により、受付業務の負荷を大幅に軽減します。また、セキュリティ面においても、来訪者の写真撮影機能やIDスキャンなどを通じて、安全性を確保しています。

料金

アイタッチの初期費用、月額費用については現在非公開となっています。
導入を検討している企業は、公式サイトから問合せでご確認ください。

主な機能・他社製品との違い

他社製品との最大の違いは、アイタッチが提供するカスタマイズ性の高さと、直感的な操作性です。また、セキュリティとプライバシー保護に対する強いコミットメントにより、企業にとって信頼性の高いパートナーとなっています。

テレ窓

テレ窓は、最新のテクノロジーを活用してリアルタイムのリモート通信を可能にする受付システムです。物理的な距離を感じさせない対面式のサービスを提供することで、ビジネスのあらゆるシーンにおいて、利便性と効率性を大きく向上させます。

特徴

テレ窓システムの最大の特徴は、そのリモート対応機能にあります。訪問者は、テレ窓端末を介して、離れた場所にいる受付担当者とビデオ通話でリアルタイムにコミュニケーションを取ることができます。これにより、受付担当者の業務効率が飛躍的に向上し、場所を選ばない柔軟な受付対応が可能になります。また、このシステムは、感染症対策としての非接触型サービスとしても非常に有効です。

料金

テレ窓の初期費用、月額費用については現在非公開となっています。
導入を検討している企業は、公式サイトから問合せでご確認ください。

Reclip

Reclipは、来客のタブレット受付とAIによる案内・誘導を実現する受付システムです。
エレガントなデザインと直感的なユーザーインターフェースを持ち、訪問者管理をシンプルかつ効率的に行うことができます。

特徴

Reclipの特徴は、その使いやすさと管理機能の豊富さにあります。タブレットやモバイルデバイスに対応しており、訪問者はタッチスクリーンで簡単にチェックイン手続きを完了できます。また、Reclipは以下のような機能を提供しています。

  • セルフサービスチェックイン
  • 写真撮影とバッジ印刷機能
  • 事前登録と迅速なチェックイン

料金

ReClipは、簡単2stepですぐ使える!、さらに高機能が使える!の2件のプランが存在します。

  • 簡単2stepですぐ使える:0 円
  • さらに高機能が使える:500 円 / 月

WowDesk

WowDeskは、タブレットによるシンプルな受付システムです。クラウド型なので、インターネット環境があれば場所を選ばずに受付業務を管理できます。

特徴

ルールベースの自動化機能により、問い合わせの種類や緊急度に応じてチケットを割り当てたり、優先順位を設定することができます。また、企業のニーズに合わせたカスタマイズが可能で、柔軟な対応を実現します。また、リアルタイムのレポーティング機能を備えており、顧客サービスのパフォーマンスを即座に評価することができます。これにより、問題点を素早く特定し、改善につなげることが可能です。

料金

WowDeskには、WowDesk単体プラン-TeamsとWowDesk単体プランがあります。

  • WowDesk単体プラン-Teams
    初期費用:0円
    月額料金(税別)※受付1台あたり:5,000円
    登録可能ユーザー数:無制限
    受付通知用アプリ:別途Microsoft Teamsの契約が必要
  • WowDesk単体プラン
    初期費用:0円
    月額料金(税別)※受付1台あたり:5,000円
    登録可能ユーザー数:最大100名
    受付通知用アプリ:受付通知用のWowTalkを100IDまで無償付帯

Workhub Reception

workhub Receptionは、現代のオフィス環境に最適化されたデジタル受付システムです。訪問者のチェックインからチェックアウトまでのプロセスをスムーズにし、リアルタイムでの受付管理を可能にすることで、企業の効率性とプロフェッショナリズムを高めます。

特徴

完全無人受付で、訪問客も社員もストレスフリーになるのがWorkhub Receptionの特徴です。事前予約・QRコード発行で、スムーズな受付を実現できます。
また、来訪者情報を自動に収集することで、受付担当の負担を軽減することができます。
さらに、AIによる案内で、訪問客を迷わせることなく目的の場所へ誘導します。

料金

Workhub Receptionは初期費用0円、月額3,000円(税抜)~となっています。
詳細の情報はWebサイトからの問合せでご確認ください。

おくだけレセプション

おくだけレセプションは、AIと音声認識技術を活用した、置くだけで使えるスマート受付システムです。NTTコミュニケーションズが提供しており、2020年6月からサービスを開始しました。

特徴

画面に向かって話しかけるだけで、AIコンシェルジュが担当者を呼び出します。また、直感的に操作できるタッチパネルも搭載しているので、どなたでも簡単に利用できます。
AIが来客の用件を聞き取り、最適な担当者を案内するので、待ち時間を短縮できます。また、受付業務の負担を軽減し、受付担当者はより付加価値の高い業務に集中できます。

料金

おくだけレセプションの料金体系は以下のようになっています。

  • 月額費用:11,000円※1
  • 初期費用:198,000円※2

※1別途通信費用が必要となります。
※2別途iPadやiPhoneなどの機器費用が必要となります。

WorkstyleOS

WorkstyleOSは、株式会社ACALLが提供する、オフィスワークのニューノーマル対応を支援するクラウドサービスです。2019年9月にサービスを開始し、現在6,000社以上の企業に導入されています。

特徴

どこでも設置が可能で、オフィス、自宅、カフェなど、場所を選ばない働き方をサポートします。また、会議室予約、受付業務自動化、入退館管理などを自動化することで、業務効率を向上させることができます。柔軟な拡張性も有しており、他のシステムとの連携や、独自機能の開発など、柔軟に拡張することができます。

料金

WorkstyleOSの料金体系は以下のようになっています。

  • 月額費用:機能と人数に合わせてお見積り
  • 初期費用:機器類・導入サポート(オプション)

受付システムの料金相場は?

受付システムの料金相場は、導入するシステムの種類や機能、規模によって大きく異なりますが、一般的には以下の通りです。

  • 初期費用
    クラウド型システム:0円〜100万円程度
    オンプレミス型システム:100万円〜300万円程度
  • 月額利用料
    クラウド型システム:3,000円〜30,000円程度
    オンプレミス型システム:10,000円〜100,000円程度

受付システムの選び方

受付システムを選ぶ際には、以下の3つの視点で考慮することが重要です。

必要な機能

受付システムを選ぶ際、まずそのシステムが提供する基本機能が自社のニーズに合っているかを検討します。例えば、ビジター登録、顔認識、来訪者通知、セキュリティチェック、多言語サポート、予約システムといった機能があるかどうかです。また、将来的なニーズの変化に合わせてシステムが柔軟に拡張可能かどうかも評価するべきです。

運用性

受付システムは、来訪者だけでなく、社員や管理者にとっても使いやすい必要があります。来訪者にとっては、簡単にチェックインできるか、迅速に案内を受けられるかなどが利便性を左右します。一方で、社員や管理者にとっては、来訪者の管理やレポートの生成が容易かどうかが大切です。

コストパフォーマンス

システムの導入コストと維持費用は、選択の際に重要な要因です。初期投資だけでなく、ランニングコストも含めた総コストを把握し、そのシステムがもたらすであろう効果と比較することが重要です。例えば、システムによっては人件費の削減、時間の節約、セキュリティの向上など、明確なROIが期待できる場合があります。

まとめ

今回ご紹介した受付システムは、それぞれ異なる機能や強みを持っています。どのシステムが最適かは、企業の規模、業種、予算、必要な機能によって異なります。
また、多くのベンダーでは無料トライアルやデモを提供しています。実際にシステムを触ってみて、使い勝手や機能を確認することをおすすめします。

これは 受付システムの製品です。
受付システムの資料をダウンロード

受付システムの製品比較

アイタッチ

アイタッチ

月額費用要問い合わせ

アイタッチとは、ABphone株式会社が運営している無人受付システムです。 これまでに100社以上の導入実績があり、沖縄から北海道まで全国で利用されています。 独自のクラウドサーバー「ABphone Connect」を利用することで、専用工事の必要なく手軽に無人受付システムを設置することができます。

無料お試し要問い合わせ

受付システムの製品比較

アイタッチ

アイタッチ

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

アイタッチとは、ABphone株式会社が運営している無人受付システムです。 これまでに100社以上の導入実績があり、沖縄から北海道まで全国で利用されています。 独自のクラウドサーバー「ABphone Connect」を利用することで、専用工事の必要なく手軽に無人受付システムを設置することができます。

その他の関連する記事