見積管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 見積管理の製品です。
見積管理の資料をダウンロード

仕事を受注する際には見積書の作成が欠かせません。
その作業を効率化するために見積管理システムが役立ちます。
この記事では、おすすめの見積管理システム7つを紹介しています。
選び方や料金相場についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

見積管理システムとは?

見積管理システムは、企業が見積書の作成、発行、承認フロー、保管などの業務を効率化するためのソフトウェアやシステムです。
営業活動の改善や生産性の向上が実現されます。また、過去の見積データを分析して受注率や利益率を高めるのにも役立ちます。

見積管理のおすすめ製品

SmartDeal

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営している受注プロセスの高速化を実現するクラウドサービスです。 「決裁者の外出やテレワークによる承認の遅れ」、「書類管理の煩雑化」、「発注・申込作業の遅れ」といった課題を解消し、営業プロセスを短縮することができます。

見積り管理を効率化

SmartDealには、見積りページの作成や編集が可能な機能が搭載されています。 見積りページを作成することで、クライアントが全ての見積り情報・見積書を手軽に確認できるようになります。

書類内容の確認が容易に

SmartDealを導入することで、URLから簡単に書類内容の確認ができるようになります。PC、スマートフォンから確認ができるため、出先やテレワークでの書類チェックのスピードが向上します。 書類内容の修正時にURLを変更する必要がないため、ファイル管理における煩雑化も起きません。

発注・申込もWebで完結

発注や申込がオンラインで完結できるようになるため、営業プロセスの短縮を実現します。 発注側の顧客がSmartDealを利用する上で、ユーザー登録は必要ないため、無駄な作業も発生しません。

見積管理の製品をまとめて資料請求

おすすめの見積管理システム

SmartDeal

特徴

SmartDealは、受注プロセスを迅速化するクラウドサービスです。
テレワーク時代に適した帳票作成ツールを提供し、電子署名付見積や請求書、申込書などをオンライン化します。
営業担当者は印刷作業を省き、顧客とオンラインで契約を完了させることができます。
個々の見積が集約されるため、連絡や引継ぎがスムーズに行え、負荷のない営業体験を実現します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

主な機能・他社製品との違い

SmartDealは、販売管理から請求書・見積書作成、さらに電子契約まで網羅した統合型システムです。
特に見積書や受注管理、帳票作成機能が優れており、豊富なテンプレートやカスタマイズが可能です。
さらに、電子契約機能も強化されており、ユーザーの業務効率を大幅に向上させます。

楽楽販売

特徴

楽楽販売は、株式会社ラクスが提供するクラウド型の販売管理システムです。
受注前の営業支援から見積もり発行管理、請求管理、入金管理まで、販売に関連する業務を効率的にカバーします。
特に金額計算や請求・計上処理の自動化、そしてルーチンワークの効率化に重点を置いており、手間やミスを大幅に削減します。

料金

  • 初期費用:150,000円
  • 月額料金:70,000円〜

アラジンオフィス

特徴

アラジンオフィスは、販売管理に必要な機能をコンパクトにまとめたパッケージソフトで、業種や業態に柔軟に対応します。
見積から受注、出荷、売上、請求までをスムーズに管理し、在庫レベルを適切に保ち、購買業務を効率化します。
組み立て品やセット品の在庫管理も可能で、ハンディターミナルや外部データ連携を利用して棚卸作業を効率化します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

見積デザイナー

特徴

見積デザイナーは、見積情報を一元管理し、過去のデータを活用して効率的に見積書を作成できるサービスです。
勝敗分析やマスターデータの活用により、企業の契約状況を把握し、戦略立案に役立てます。
また、データの蓄積と再利用により、見積作成の負担を軽減します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

スマイルワークス

特徴

スマイルワークスはクラウドERPで、財務会計や販売管理、給与計算などを一元管理します。
EDI機能を備え、自動仕訳生成で業務効率を高め、法改定にも対応しています。
どこでも操作可能で直感的な画面配置と万全のセキュリティも特徴です。

料金

  • 初期費用:30,000円〜
  • 月額料金:10,000円〜

TerminalQ

特徴

TerminalQは製造業のためのクラウド見積りソフトです。
時間チャージで働く方向けに、適正価格算出や外注先との連携、採算分析、受失注分析を提供します。
初期費用無料、月々16,000円から利用可能です。
過去の見積り検索や経営分析もサポートし、工程単価の精度向上を支援します。

料金

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:16,000円〜

ESTman

特徴

ESTmanは中小製造業向けのクラウド型見積支援システムで、積算見積作成を効率化します。
テンプレート機能や部材単価の自動参照など、見積作成を迅速化し、データの可視化や外部システム連携により、赤字を防止し利益率を向上させます。
クラウド型サービスであり、どこでも見積作成が可能です。
利用料金も従量課金制なので組織に合わせた運用ができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

見積管理システムの料金相場は?

一般的に、見積管理専用のシステムや特化型のシステムは、月額3,000円前後から利用できることが相場です。
ただし、利用人数や追加機能によって料金が変動し、1ユーザーあたり追加で月額500円前後が発生することもあります。

見積管理システムの選び方

クラウド版とオンプレミス版どちらにするか

見積管理システムには、クラウド版とオンプレミス版の2つのタイプがあります。
クラウド版は、クラウドサーバー上で提供され、導入に時間や手間がかからないため、すぐに利用を開始できます。
最新版の更新も即座に適用されるため、常に最新の状態を保つことができます。
一方、オンプレミス版は、自社サーバーにソフトウェアをインストールして利用する方式です。導入には時間と手間がかかりますが、セキュリティが高く、企業データを自社内で管理できる点が特徴です。
どちらを選ぶかは、企業の状況やニーズによって異なりますので、導入前に慎重に検討しましょう。

コストを比較

見積管理システムを選ぶ際は、長期的な視点でコストを比較しましょう。
インストール型は導入コストがかかり、定期的なアップデートや運用コストが発生します。
一方、クラウド型は導入コストを抑えられますが、月々の費用がかかります。
使用期間によっては、クラウド型がトータルコストでインストール型より高くなることもあります。
両者の周期的なコストを比較して、適切な製品を選びましょう。

必要な機能が備わっているか

見積管理システムは、基本的な見積書の作成や発行、保管に加えて、営業支援や分析、他システムとの連携など、幅広い機能が備わっています。
企業によっては、原価管理や分析などのニーズがあり、そのために他システムとの連携が必要になることもあります。
したがって、導入を検討する際には、必要な機能が揃っているかどうかが重要なポイントです。

まとめ

見積管理システムは、見積書の作成や承認、保管などの業務を効率化するためのシステムです。
最近ではクラウド型のシステムも登場しており、外出先でも見積業務に対応できます。
これにより、スムーズに見積もりを提案できるため、取引先の仕事を受注しやすくなります。また、初めて利用する社員でも使い方に戸惑わないよう、サポート体制についても比較して選んでみてください。

これは 見積管理の製品です。
見積管理の資料をダウンロード

見積管理の製品比較

SmartDeal

SmartDeal

月額費用要問い合わせ

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営している受注プロセスの高速化を実現するクラウドサービスです。 「決裁者の外出やテレワークによる承認の遅れ」、「書類管理の煩雑化」、「発注・申込作業の遅れ」といった課題を解消し、営業プロセスを短縮することができます。

無料お試し要問い合わせ

見積管理の製品比較

SmartDeal

SmartDeal

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

SmartDealとは、株式会社テクノデジタルが運営している受注プロセスの高速化を実現するクラウドサービスです。 「決裁者の外出やテレワークによる承認の遅れ」、「書類管理の煩雑化」、「発注・申込作業の遅れ」といった課題を解消し、営業プロセスを短縮することができます。