生産管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 生産管理の製品です。
生産管理の資料をダウンロード

生産管理業務の煩雑化を効率化するために、生産管理システムの導入を検討している方もいるかもしれません。
しかし、さまざまな製品があり、自社に適したものを選ぶのは難しいでしょう。
この記事では、おすすめの生産管理システムを7つ紹介します。

生産管理システムとは?

生産管理システムは、製造業における生産プロセス全体を効率的に管理するためのソフトウェアです。
販売管理から生産計画、購買管理、在庫管理、製造管理、出荷管理、原価管理、予算管理などの機能を統合し、企業の生産活動を一元化しています。
また、業界や企業のニーズに合わせてカスタマイズされることが一般的であり、生産性の向上や業務効率化、コスト削減などの目標達成に貢献します。

生産管理のおすすめ製品

A's Style

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

A’s Styleとは、株式会社ケーエムケーワールドが運営しているクラウド型の生産管理システムです。 販売や生産、在庫、購買といった製造業におけるバックオフィス業務の一元管理、自動化を実現しDX化を促進します。

導入企業の業務に寄り添ったシステムを開発

A’s Styleは、セミオーダー型の生産管理システムで、同一基盤上で業務機能やパーツを組み合わせて、導入企業ごとに最適なシステムを高速開発することができます。

ガントチャートによる工程負荷状況の見える化を実現

A’s Styleでは、日程表・負荷表をガントチャートで表示することができるため、生産計画から工程負荷状況の可視化を実現します。

現場でのタブレット活用が可能に

現場でタブレットを活用した実績や不良情報が登録できるようになります。 製造指示書のバーコードを読み取って、タブレットの画面上に呼び出すことができるため、複雑な操作は発生しません。

生産管理の製品をまとめて資料請求

おすすめの生産管理システム

A's Style

特徴

A's Styleは、製造業向けの生産管理システムで、販売から在庫管理までを一元管理します。
受注登録は手動だけでなく、AI OCRや電子発注にも対応し、生産管理ではバーコードやRFIDを使って作業を迅速かつ正確に行います。
購買・在庫管理ではリアルタイムな情報が可視化され、作業の負担を軽減します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

主な機能・他社製品との違い

A's Styleは、受注管理、生産管理、購買・在庫管理などの主要機能を備えています。
他社製品との違いは、多様な生産形態に対応し、生産計画から出荷までの全工程を網羅しています。
さらに、バーコードやRFIDなどの技術を活用して作業の正確性とスピードを向上させ、リアルタイムな情報可視化と自動計算機能で業務の効率化を実現します。

NetSuite

特徴

NetSuiteの生産管理システムは、製造業向けに設計され、製品データの管理から作業命令、計画、品質保証、MESまで、生産プロセス全体をカバーします。
リアルタイムで情報を可視化し、グローバルな生産業務を効率的に管理します。
場所に応じた柔軟な生産方法や、品質コストの最適化など、ビジネス全体での効果的な活用が可能です。

料金

  • 初期費用:30万円〜
  • 月額料金:10万円〜

TECHS-BK

特徴

TECHS-BKは、単品加工部品やアセンブリ品を個別に受注し、小規模なロット生産を行う部品加工業におすすめな生産管理システムです。
リードタイムの短縮や納期への迅速な対応を可能にし、工程負荷状況やスケジュールの立案を効率化します。
さらに、バーコードやタッチパネルを用いた作業実績入力機能を備えており、直感的で使いやすい操作性が特徴です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金
    ・Standard: 35,000円~
    ・Basic: 32,000万円~
    ・Mini: 21,000万円~

SPENCER

特徴

SPENCERは、セイノーグループの物流ノウハウを活かした生産管理システムです。
企業は必要な機能のみ選択可能で、Excelのような操作感でリアルタイムに計画変更ができます。
生産に関する情報を一元管理し、工程在庫や変更をリアルタイムに同期できるため、納期の確実性や在庫管理の精度が向上します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

TECHS-S

特徴

TECHS-Sは、個別受注型製造業向けに特化した生産管理システムです。
部品マスタの事前登録なしで運用可能であり、CADやExcelから部品表データを取り込むことができます。
在庫品のトレース管理やバーコードを用いた簡単な入力も可能であり、EUC Toolの利用によりデータの有効活用ができます。
さらに、仕掛中の原価と完成時の予測原価をリアルタイムに把握できるのが特長です。

料金

  • 初期費用;150万円〜
  • 月額料金:ー

Cloud2Mfg

特徴

Cloud2Mfgは、製造業向けに効率化、在庫管理、品質管理を目的としたクラウドベースの生産管理システムです。
インターネット環境があればどこでもアクセス可能で、多言語・多通貨にも対応しています。
ABBRを使ったカスタマイズが容易で、生産活動から調達、在庫、販売まで幅広く網羅されています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

生産革新 Ryu-jin

特徴

生産革新 Ryu-jinは、自動車や電気部品、金属、樹脂、食品などの量産加工を行う製造業向けに特化した生産管理システムです。
内示や受注の変更に柔軟に対応し、生産計画を効率的に立てる特長があります。
従業員の負担を最小限に抑えながら、在庫の効果的な活用や納期遵守率の向上を実現し、ロットトレース運用も可能にします。

料金

  • 初期費用:1,000万円〜5,000万円
  • 月額料金:ー

生産管理システムの料金相場は?

生産管理システムの価格は、100万円未満から1,000万円以上まで幅広くあります。
システムの価格は、利用する人数や管理する製品数、売上高、使用する現場の数に比例して上昇します。
従業員数が100名以上で複数部署で使用する場合と、現場で少人数で使用する場合では価格帯が大きく異なります。

生産管理システムの選び方

必要な機能が搭載されているか

自社の生産プロセスに必要な機能がシステムに搭載されているか確認します。
生産計画や在庫管理、品質管理など、業界や企業によって必要な機能は異なります。
また、将来の成長や変化にも柔軟に対応できるシステムを選ぶと良いでしょう。

予算内に収まるシステム

予算内に収まる生産管理システムを選びましょう。
無駄な費用を抑えるだけでなく、企業の長期的な成長戦略にも役立ちます。
中小企業ではクラウド型のシステムが予算範囲内で利用可能であり、柔軟性や拡張性も高い場合があります。
導入コストを最小限に抑えながらも、必要な機能を確保し、生産性を向上させることができます。

サポート体制の充実

サポート体制が充実しているかどうかも重要です。
問題が発生した際に迅速に対応してもらえるか、レスポンスタイムや問題解決能力、トレーニングやカスタマイズのサポートなどを確認します。
信頼性の高いベンダーを選択し、安心してシステムを運用できるサポート体制を整えましょう。

まとめ

今回は、おすすめの生産管理システムを7つ紹介しました。
生産管理システムの導入により、エクセル管理からの脱却が可能になり、現場の状況や問題をリアルタイムで把握し、改善点を考案できます。
自社に合った生産管理システムを選ぶ際には、ポイントを確認しながら検討してみてください。

これは 生産管理の製品です。
生産管理の資料をダウンロード

生産管理の製品比較

A's Style

A's Style

月額費用要問い合わせ

A’s Styleとは、株式会社ケーエムケーワールドが運営しているクラウド型の生産管理システムです。 販売や生産、在庫、購買といった製造業におけるバックオフィス業務の一元管理、自動化を実現しDX化を促進します。

無料お試し要問い合わせ

生産管理の製品比較

A's Style

A's Style

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

A’s Styleとは、株式会社ケーエムケーワールドが運営しているクラウド型の生産管理システムです。 販売や生産、在庫、購買といった製造業におけるバックオフィス業務の一元管理、自動化を実現しDX化を促進します。