これは ネットワーク障害調査 の製品です。
ネットワーク障害調査の資料をダウンロード

SIDfmとは?

様々な脆弱性診断ツールが販売されていますが、企業の状況により支援が必要な度合いが異なります。SIDfmは世界中の脆弱性情報を集め、企業ごとに必要な情報を届けてくれる脆弱性情報収集・管理ツールです。海外のツールですが日本語にも対応しているので、情報は日本語で届きます。自社に合う情報収集がしたい企業におすすめです。

おすすめの類似ネットワーク障害調査

類似サービス: PNCのネットワーク障害調査サービス

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短利用開始期間 要問い合わせ

プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティング株式会社(PNC)は、ネットワークインフラ技術のプロ集団です。 どこのベンダーにも属していない中立的な立場で、メーカーやベンダーに依存しないサポートを提供しています。

幅広い悩みに対応

PNCでは、ITシステムに関する幅広い相談に対応しています。 「オフィスのWi-Fi速度が遅く、途切れる」、「システム管理者の退職で困っている」、「セキュリティに問題がないか不安」、「社員のPC使用状況を知りたい」といった幅広い悩みに対して、技術者によるコンサルティングを受けることができます。

専門家による調査

PNCでは、ネットワークの専門家が企業に訪問して原因を調査してくれます。 不安な点や課題をしっかりとヒアリングした上で、改善策を提案してくれるので安心です。

利用しやすい料金プラン

PNCでは、月額制、チケット制、個別見積りと利用しやすい料金プランを提供しています。 月額制は、月毎に決まった額の支払いが発生するタイプで、チケット制は相談に使用できるチケットをあらかじめ購入、相談ごとにチケットを使用します。

これはネットワーク障害調査の製品です。

ネットワーク障害調査の製品をまとめて資料請求

SIDfmの特徴

特徴① 脆弱性の情報収集を自動化し、まとめて確認できる

世界中から脆弱性の情報を集めることができるSIDfmは、900種類以上もの脆弱性情報に対応しています。これまで集めてきたセキュリティホール情報はなんと46,000件以上を誇ります。自動で情報収集を行うだけではなく、集めた情報を管理画面ですぐに確認できるため、情報収集のための時間を大幅に削減できます。

特徴② 今必要な脆弱性の情報を知らせてもらえる

企業ごとに使用しているパソコンなどのデバイスは異なるため、必要な脆弱性情報も全く違ってきます。SIDfmは、それぞれの企業に合わせた情報収集ができるのが特徴です。自社で使用しているソフトウェア製品等を登録すると、自社で必要な情報だけを絞り込むことができます。また、最新情報も知りたい情報のみを絞ったり、メールで通知することも可能です。

特徴③ 解説は日本語でわかりやすい

SIDfmは海外製のソフトです。海外製のソフトの多くは日本語に対応しておらず、使用するたびに英語を調べる必要があり、使いにくいという声があります。ですがSIDfmの場合は、日本語に対応しており、収集した情報について詳しい解説を日本語で読むことができます。リスク分析やパッチ情報の内容や場所も日本語で読めるだけではなく、本来なら自分で探さなければならない時間を短縮できます。

 
これは ネットワーク障害調査の製品です。
ネットワーク障害調査の資料をダウンロード

SIDfmの料金・価格

初期費用

要問合せ

月額費用

要問合せ

SIDfmの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

SIDfmの良い評判・口コミ

・SIDfmを導入したことで脆弱性情報を一気に集めることができ、大幅な工数削減ができた
・運用の自動化ができ、別の業務に時間を充てることができた
・運用する上での脆弱性への対応基準がはっきりし、顧客が安心できるサービスの品質を保つことができた

SIDfmのその他の評判・口コミ

見つかりませんでした。

SIDfmを導入した結果に関する評判・口コミ

見つかりませんでした。

 
これは ネットワーク障害調査の製品です。
ネットワーク障害調査の資料をダウンロード