購買管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 購買管理の製品です。
購買管理の資料をダウンロード

近年、企業における業務効率化がますます重要になっています。その中でも、購買部門の業務効率化は、コスト削減や利益向上に大きく貢献します。そこで今回は、購買管理システムの導入を検討している企業向けに、おすすめの購買管理システム7選を徹底比較します。

購買管理システムとは?

購買管理システムとは、企業の購買業務を効率化するためのITツールです。具体的には、見積依頼・発注・受入・検収・支払処理などの購買業務を自動化することで、事務処理の負担を軽減し、購買コストの削減や購買プロセスの透明化を実現します。

購買管理のおすすめ製品

intra-mart Procurement Cloud

(4.5)

年間利用料金600万円無料お試し要問い合わせ
初期費用70万円導入会社要問い合わせ

intra-mart Procurement Cloudは、企業の調達・購買活動全体のDXによって、コスト最適化、業務効率化、ガバナンス強化を実現するクラウドサービスです。 「購買管理」「契約ライフサイクル管理」「支払い管理機能」を利用して、見積もりの取得から発注納品、請求・支払いまでをワンストップで操作可能。バイヤー、サプライヤー双方の業務プロセスに対応しています。

【調達・購買】見積機能の活用でより良い商材を安価で調達

150種類以上の見積依頼書仕様書を用意しており、サプライヤーに対して購買品目に応じた適切な見積もりをクラウド上で依頼することが可能。見積もりデータは蓄積され、誰でもスムーズにアクセスできるため、精度の向上が期待できます。

【契約管理】契約書管理をデジタル化・効率化。コスト削減効果も

契約書の原案作成から修正・承認・捺印・締結までの業務をデジタル化することで、一連の業務を効率化。ペーパーレス化によって印刷代や郵送代がかからなくなり、コスト削減にもつながります。 「クライアントと業務担当者」「担当者と自社法務」「法務同士」といった43種類のチャット機能で、リーガルチェック履歴を全て保存でき、修正履歴も時系列で追うことが可能です。

【請求・決済】バイヤー・サプライヤー双方の業務効率化と内部統制強化を実現

バイヤーによる請求書受け取りから支払い処理、サプライヤーによる電子請求書の発行から債権管理までの業務に対応しています。 請求書はクラウド上でデジタル化されるため、業務の効率化だけでなく、ミスやドラブルの防止、ガバナンス向上にも貢献します。

購買管理の製品をまとめて資料請求

おすすめの購買管理システム

次におすすめの購買管理システムを紹介していきます。

intra-mart Procurement Cloud

intra-mart Procurement Cloudは、豊富な機能と高い拡張性を備えた、クラウド型の購買管理システムです。導入や運用が簡単で、安心・安全なセキュリティ対策も施されています。また、高い導入実績と豊富なノウハウを有しており、安心して導入することができます。

特徴

クラウド型サービスなので、オンプレミス型のシステムと比べて導入や運用が簡単です。サーバーやネットワークの準備が不要で、初期費用を抑えることができます。
標準機能に加えて、オプション機能や独自機能を追加することで、より使いやすく、効率的なシステムを構築することができます。

料金

intra-mart Procurement Cloudの料金設定は以下の通りです。

  • 初期費用:700,000円
  • 月額費用:500,000円 〜

料金プランは、利用する機能やユーザー数によって異なります。詳細は、NTTデータイントラマートのWebサイトをご覧ください。

主な機能・他社製品との違い

intra-mart Procurement Cloudには高い拡張性があり、自社独自の業務プロセスに合わせたカスタマイズが可能です。また、厳格なセキュリティ対策を施しており、安心して利用できる点もポイントです。

ビズネット

ビズネットは、購買発注から納品、請求、支払いまで、調達・購買業務全体をワンストップでクラウド上で完結できるクラウド型調達・購買システムです。豊富な機能と高い拡張性により、あらゆる規模の企業のニーズに対応し、業務効率化とコスト削減を実現します。

特徴

多様な業種に対応し、コミュニケーションの改善、プロジェクト管理、データ共有がこれ一つで可能になります。クラウドベースで提供されており、いつでもどこでもアクセスすることができる柔軟性が特徴です。

料金

ビズネットの料金プランは公開されていません。基本料金は無料となっているので、導入を検討している企業は公式Webサイトからの問合せをおすすめします。

RFQクラウド

RFQクラウドは、Request for Quotation(見積もり依頼)のプロセスをデジタル化し、企業間の見積もり取引を効率化するクラウドベースのプラットフォームです。このツールを使用することで、供給者と購入者のコミュニケーションがスムーズになり、時間とコストを削減することが可能になります。

特徴

見積もりの一括送信機能があり、複数のサプライヤーへ一括で見積依頼を送信できます。また、サプライヤーからの見積を比較検討できる機能も提供されているため、簡単に費用検討ができます。さらに、購買データ機能でデータを分析することで、コスト削減につなげることができます。

料金

RFQクラウドの料金プランは以下の通りです。

  • 月額費用:15万円
  • 初期費用:月額費用の4ヶ月分

詳細は公式Webページか、問い合わせでご確認ください。

V-ONEクラウド

V-ONEクラウドは、ビジネスのデジタル変革を支援するクラウドベースの統合業務プラットフォームです。企業の業務効率化、コラボレーション強化、データ管理の最適化を目的としており、さまざまな業種のニーズに合わせたサービスを提供しています。

特徴

V-ONEクラウドは、銀行口座の取引明細を自動で取り込み請求書と照合することで入金消込を自動化することが可能です。また、顧客ごとの未収金残高、支払期日、支払状況を管理するとともに、支払期日を過ぎた顧客へ自動督促メールを送信する機能も有しています。未収金残高推移や回収率などのレポート作成機能で、債権管理を効率化することもできます。

料金

V-ONEクラウドの月額費用は33,000円〜となっています。
詳細の料金プランに関しては非公開の為、公式Webサイトからお問い合わせでご確認ください。

SOLOEL

SOLOELは、中小企業から大企業まで幅広く対応する革新的なクラウドソリューションを提供するサービスです。クラウドストレージ、データ分析、コラボレーションツールなど、多様なビジネスニーズに応えるフルスタックの機能を備えています。

特徴

SOLOELではカスタマイズ可能なダッシュボードとAPI統合により、企業の特定のニーズに合わせてサービスをカスタマイズできます。ビジネスの成長に伴い、容易にリソースを追加・削減することができるため、コスト効率の良い拡張が可能です。
セキュリティの高さも特徴で、最新の暗号化技術と複数のセキュリティレイヤーを使用してデータを保護し、企業の情報資産を安全に管理します。

料金

SOLOELの初期費用、月額費用については現在非公開となっています。
導入を検討している企業は、公式サイトから問合せでご確認ください。

APMRO

APMROは、中小企業向けに、間接材購買のトータルサポートを提供するクラウドシステムです。約6,150万品目のあらゆる商品を、全国にワンストップで提供し、間接材購買の最適化を実現します。

特徴

リアルタイムの監視と詳細な分析機能を通じて、アプリケーションの稼働状況を把握し、ユーザーエクスペリエンスの向上を図ることができます。また、AIによる自動問題検知とルートコーズ分析により、問題を迅速に特定し、解決に導いてくれます。

料金

APMROの初期費用、月額費用については現在非公開となっています。
導入を検討している企業は、公式サイトから問合せでご確認ください。

Enterprise Commerce

JFEシステムズ株式会社が提供するEnterprise Commerceは、インターネットを活用して調達・購買業務を効率化するWeb調達ソリューションです。メールやFAXで行っていた従来の取引先とのやり取りをWebブラウザ上で一元管理することで、注文情報や進捗状況の可視化、取引先との連携強化、購買業務の効率化、ペーパーレス化を実現します。

特徴

見積依頼・受領、注文、納期確認、納品通知、検収確認など、調達・購買業務に必要なすべての機能を網羅しており、取引先との情報共有をスムーズにする、メッセージ機能や掲示板機能も有しています。
注文状況や納品状況をリアルタイムで確認できるダッシュボード機能もあり、稟議書作成機能や分析レポート作成機能など、業務を効率化する便利な機能があるのも特徴です。

料金

Enterprise Commerceの初期費用、月額費用については現在非公開となっています。
導入を検討している企業は、公式サイトから問合せでご確認ください。

購買管理システムの料金相場は?

購買管理システムの料金相場は、導入方法や利用規模、必要な機能などによって大きく異なります。
導入方法による費用相場は、以下の通りです。

  • SaaS型:月額利用料が一般的で、1万円~2万5,000円程度が相場です。初期費用がかからない場合が多いですが、利用期間の縛りがある場合があります。
  • パッケージ型:初期費用が50万円~100万円程度、月額利用料が1万円~5万円程度が相場です。オンプレミス環境で導入するため、サーバーやネットワークなどのインフラ費用も必要になります。
  • オーダーメイド型:100万円~数千万円程度が相場です。自社のニーズに特化したシステムを開発するため、機能やデザインを自由にカスタマイズできますが、開発期間が長くなります。

購買管理システムの選び方

購買管理システムを選ぶ際に考慮すべき3つの重要な視点は次のとおりです。

自社のニーズに合致しているか

まず、自社のニーズを明確にすることが重要です。例えば、注文書作成、承認ワークフロー、ベンダー管理、契約管理、支払い処理、経費追跡などが含まれている必要があります。また、導入費用やランニングコストを把握し、予算内に収まるシステムを選ぶ必要があります。

カスタマイズ性があるか

購買管理システムは、見積依頼・受発注、納品管理、在庫管理、支払処理など、様々な機能を備えています。特定の業種や業界に特有の要件に対応できるか、必要な機能がすべて備わっているシステムを選ぶことが重要です。

操作が柔軟・簡単か

購買管理システムは、多くのユーザーが利用するため、操作が簡単であることが重要です。画面デザインがわかりやすく、直感的に操作できるシステムを選びましょう。マニュアルが充実しているか、サポート体制がしっかりしているかも重要な視点になります。

まとめ

今回ご紹介した7つの購買管理システムは、それぞれ異なる機能や強みを持っています。どのシステムが最適かは、貴社の規模、業種、予算、必要な機能によって異なります。
また、多くのベンダーでは無料トライアルやデモを提供しています。実際にシステムを触ってみて、使い勝手や機能を確認することをおすすめします。

これは 購買管理の製品です。
購買管理の資料をダウンロード

購買管理の製品比較

intra-mart Procurement Cloud

intra-mart Procurement Cloud

年間利用料金600万円

intra-mart Procurement Cloudは、企業の調達・購買活動全体のDXによって、コスト最適化、業務効率化、ガバナンス強化を実現するクラウドサービスです。 「購買管理」「契約ライフサイクル管理」「支払い管理機能」を利用して、見積もりの取得から発注納品、請求・支払いまでをワンストップで操作可能。バイヤー、サプライヤー双方の業務プロセスに対応しています。

無料お試し要問い合わせ

購買管理の製品比較

intra-mart Procurement Cloud

intra-mart Procurement Cloud

年間利用料金600万円

無料お試し要問い合わせ

intra-mart Procurement Cloudは、企業の調達・購買活動全体のDXによって、コスト最適化、業務効率化、ガバナンス強化を実現するクラウドサービスです。 「購買管理」「契約ライフサイクル管理」「支払い管理機能」を利用して、見積もりの取得から発注納品、請求・支払いまでをワンストップで操作可能。バイヤー、サプライヤー双方の業務プロセスに対応しています。

その他の関連する記事