動画マニュアル作成ツールのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 動画・オンラインマニュアル作成の製品です。
動画・オンラインマニュアル作成の資料をダウンロード

企業の皆さんは、業務内容をよりわかりやすく伝える動画マニュアルを効率的に作成したいと考えていることでしょう。
この記事では、おすすめの動画マニュアル作成ソフトを7つご紹介します。
選び方や料金相場も解説しているので、比較する際に役立ててください。

動画マニュアル作成ツールとは?

動画マニュアル作成ツールは、電子化されたマニュアルを作成する際に必要なツールや手順をサポートするサービスです。
操作手順書や業務手順書、動画マニュアルなどの作成や管理を支援し、テンプレートの活用や画像・動画の取り込み、マニュアルの更新や共有などの機能を提供します。
マニュアル作成の工数や時間を短縮し、効果的な教育・指導が行えるようになります。

動画・オンラインマニュアル作成のおすすめ製品

VideoStep

(4)

月額費用59,800円〜無料お試し2週間
初期費用30万円最短導入期間要問い合わせ

VideoStepとは、株式会社VideoStepが運営している動画マニュアルの作成・蓄積・閲覧管理を一元管理し、動画教育によるDXを推進するクラウドサービスです。 パワーポイントのような感覚で、操作手順動画や現場マニュアルなどを作成・編集することができ、それらの作成した動画マニュアルを一元管理して視聴履歴を確認することで、人材教育の効果を高めることができます。

パワポ感覚の手軽な操作で動画を作成

VideoStepの魅力は、なんといっても簡単操作で動画マニュアルの作成・編集ができる点です。 操作手順マニュアルや現場で利用する業務動画マニュアルまで、パワーポイントを操作するような直感的な感覚で操作して動画を作成することができるため、動画作成の経験がない方でも動画の作成・更新ができるようになります。

AIを活用し、音声と字幕を自動で外国語対応

マニュアル化のために記録した操作画面は、パワーポイントのように表示されます。 専門的な知識がなくても、表示されたスライドをみながら、豊富な機能で視覚的に編集することが可能です。

タブレットからオフラインでも動画を閲覧

VideoStepには、スマートフォン向けのアプリがあり、iOS・Androidから場所を選ばず動画を閲覧することができます。 リンクやQRコードから簡単に動画を確認でき、ネットワーク環境がない外出先や工場でもオフライン再生機能があるため、幅広い活用が可能です。

動画・オンラインマニュアル作成の製品をまとめて資料請求

おすすめの動画マニュアル作成ツール

VideoStep

特徴

VideoStepは、動画を通じて社内のノウハウを視覚化し、教育に役立てるシステムです。
AI音声読み上げにより作成時間を大幅に削減し、パワーポイントからの手順マニュアルも簡単に作成できます。
さらに、アプリ対応でオフラインでも閲覧可能であり、承認ワークフローによって安全に配信されます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:50,000円〜

主な機能・他社製品との違い

VideoStepの主な機能は、動画マニュアルの作成支援から共有・整理・閲覧権限の設定、視聴分析までをカバーしています。
他社製品との違いは、簡単な動画作成だけでなく、細かい権限設定や視聴分析が可能であり、特に動画マニュアルの活用や施策推進にフォーカスしたサポートが提供されている点です。

Chiebo

特徴

Chieboは、誰でも使いやすいマニュアル作成ツールです。
専門知識は不要で、PC画面と操作を記録するだけで操作マニュアルや動画マニュアル、eラーニング教材が自動作成されます。
直感的な編集機能も備えており、HTML5やWord、Excel、PowerPoint、PDFなどさまざまな形式に対応しています。
作業マニュアルや研修動画、教育ゲームなど、さまざまな用途に活用できます。

料金

  • 初期費用:ー
  • 月額料金:10,000円〜

主な機能・他社製品との違い

Chieboの主な機能は、フルモーションキャプチャとノーマルキャプチャ、直感的な編集、多彩な出力形式です。
他社製品に比べて、自動録画と編集が容易であり、HTML5やSCORM形式など幅広い出力形式に対応しています。
さらに、操作の流れを動画やスライドで分かりやすくなっています。

tebiki

特徴

tebikiは、スマホで動画教育コンテンツを作り、誰がどこまで能力を身につけたかを可視化するクラウド教育システムです。
スマホで撮影するだけで、音声認識による自動字幕生成や図形挿入が可能です。
100カ国以上の言語に対応した自動翻訳機能もあり、外国人スタッフの理解を向上させます。
さらに、教育効果や習熟度を可視化し、誰が何を学んだかが一目瞭然で、教育の効果検証も行えます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

VIDEO BRAIN

特徴

VIDEO BRAINは、クラウド型の動画編集ツールです。
月額定額制で利用できるため、商品やサービスの紹介、プレゼンテーション用資料、採用動画など、さまざまな目的に応じた動画を制限なく作成できます。
また、直感的なドラッグ&ドロップ操作により、初めて利用する人でも簡単です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

Teachme Biz

特徴

Teachme Bizは、どんな業界でも使えるマニュアル作成ツールです。
画像や動画を使って手軽にマニュアルを作成できます。
特に人材育成に力を入れており、テンプレートに従って手順を追加・変更できるので、誰でも簡単に使えます。
また、20言語に自動翻訳できるので、外国人スタッフへの教育もスムーズです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:119,800円

wikipy

特徴

wikipyは、月額3,300円から利用できるWebマニュアル作成ツールです。
誰でもかんたんにFAQサイトや操作マニュアルを作成でき、統一されたデザインのページを簡単に作成できます。
見た目のカスタマイズやアクセス分析も可能で、社内wikiや業務マニュアルとしても利用できます。

料金

  • 初期費用:3,300円
  • 月額料金:3,300円〜

SPOKES

特徴

SPOKESは紙の資料をアップロードするだけで、高品質合成音声による読み上げナレーションが付いた動画を作成できるサービスです。
撮影・録音は不要で、修正や更新も無料で行えます。
シンプルな操作性で専門知識がなくても誰でも簡単に作成できるのが特長です。

料金

  • 初期費用:100,000円
  • 月額料金:24,000円〜

動画マニュアル作成ツールの料金相場は?

動画マニュアル作成ソフトの価格帯は、製品によって異なりますが、一般的な相場としては、月額2万円から5万円の範囲が一般的です。
ただし、製品や提供される機能によって料金が異なりますので、必ず見積もりをご確認ください。

動画マニュアル作成ツールの選び方

料金体系

動画マニュアル作成ソフトを選ぶ際に重要となるのが料金体系です。
初期費用や月額利用料、サポートの追加料金など、様々な費用が発生します。
各ソフトの公式サイトや問い合わせ先で料金を確認しましょう。

他国語に対応しているか

外国人スタッフを雇用している場合には、多言語対応の動画マニュアルを用意しておくと良いでしょう。
100以上の言語に対応したものや、日本語の音声から外国語字幕を生成するソフトなどを活用し、外国人スタッフの理解度を格段に向上させることができます。

サポート体制を確認

作成したマニュアルの長期的なサポート体制も考慮すべきです。
セキュリティ対策の充実や災害時のデータ保護対策、検索しやすい管理・閲覧方法などを確認し、データの保全と円滑な運用を保証するソフトを選びましょう。

まとめ

今回は、おすすめな動画マニュアル作成ソフトを7つをご紹介しました。
動画マニュアル作成ソフトを導入することで、効果的なマニュアルを活用し、新人がスムーズに業務に参加できるよう支援されるだけでなく、全体的な作業効率の向上も期待できます。
動画マニュアル作成ソフトを試してみたいと思っている方は、ぜひ今回紹介したツールを含めて導入を検討してみてください。

これは 動画・オンラインマニュアル作成の製品です。
動画・オンラインマニュアル作成の資料をダウンロード

動画・オンラインマニュアル作成の製品比較

VideoStep

VideoStep

月額費用59,800円〜

VideoStepとは、株式会社VideoStepが運営している動画マニュアルの作成・蓄積・閲覧管理を一元管理し、動画教育によるDXを推進するクラウドサービスです。 パワーポイントのような感覚で、操作手順動画や現場マニュアルなどを作成・編集することができ、それらの作成した動画マニュアルを一元管理して視聴履歴を確認することで、人材教育の効果を高めることができます。

無料お試し2週間

動画・オンラインマニュアル作成の製品比較

VideoStep

VideoStep

月額費用59,800円〜

無料お試し2週間

VideoStepとは、株式会社VideoStepが運営している動画マニュアルの作成・蓄積・閲覧管理を一元管理し、動画教育によるDXを推進するクラウドサービスです。 パワーポイントのような感覚で、操作手順動画や現場マニュアルなどを作成・編集することができ、それらの作成した動画マニュアルを一元管理して視聴履歴を確認することで、人材教育の効果を高めることができます。