これは 文書・コンテンツ管理 の製品です。
文書・コンテンツ管理の資料をダウンロード

SpaceFinderとは?

SpaceFinder(スペースファインダー)とは、ダイキン工業株式会社が提供する文書管理システムです。業務帳簿をそのままの様式でデジタル化。すべてのやりとりをデジタルデータで実施できます。中間成果物や最終成果物、バックデータなど記録を体系的に残せるので安心です。

業務帳簿は蓄積してデータベース化することで、業務上の判断に活用できるでしょう。情報は部門や拠点に関係なく共有できるので、すべての関係者がリアルタイムで把握することが可能です。

さらに設定したプロセス通りに回覧を自動化できます。審査や承認、通知を正しく実施できるでしょう。プロジェクト全体や個人の進捗の見える化もでき、遅れがあった際にスピーディーに対処できます。

SpaceFinderの特徴

特徴①帳簿のデジタル化・管理

SpaceFinder(スペースファインダー)では、業務帳簿をデジタル化できます。業務の記録や写真、関連ドキュメントなどを、電子帳簿上に登録して一元管理。登録したデータは履歴として蓄積され、過去情報としていつでも利用できます。

高度な検索機能によって、必要な情報をすぐに見つけられるでしょう。全文検索や関連検索に対応しており、検索条件も自由に設定できます。親子帳簿機能では、子タスクや枝分かれタスクを小帳簿として発行。帳簿間連携機能なら、関連する帳簿間のデータをリアルタイムで更新できます。

特徴②柔軟なワークフロー設定機能

SpaceFinder(スペースファインダー)のワークフロー設定には、条件分岐や並列処理、差し戻し、並列処理、代理承認などの機能が備わっています。部門・拠点にまたがるワークフロー作成にも対応が可能です。さらに電子帳簿と組み合わせて運用でき、ワークフローのタスクと帳簿上の項目を連携できます。入力値によるタスク担当者の自動制御や、タスク完了時の入力チェック・自動通知、決済基準にもとづくスキップにより、スムーズな業務進行を実現できるでしょう。所属や役割に応じた添付ファイル・帳簿上の項目の非表示や、編集ロックにも対応しているため、安心して利用できます。

特徴③ファイル管理

SpaceFinder(スペースファインダー)では、ドラック&ドロップでファイル管理を実施できます。ファイルのURLやブックマークの共有も簡単です。チェックイン・アウト機能では編集中の文書をロックできるので、常に最新のファイルを参照できるでしょう。作成や編集、参照、保存履歴はバージョン情報として残るため、誰がどのような操作をしたかすぐにわかります。ほかにも柔軟な検索機能や細やかな制限設定などの機能を備えているため、ファイルを適切に管理できるでしょう。

[table “contents_management” not found /]
 
これは 文書・コンテンツ管理の製品です。
文書・コンテンツ管理の資料をダウンロード

SpaceFinderの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

SpaceFinderの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

SpaceFinderの良い評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

SpaceFinderのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

SpaceFinderを導入した結果に関する評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

 
これは 文書・コンテンツ管理の製品です。
文書・コンテンツ管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事

    関連記事はありませんでした。